(最終更新日:2022-12-19 14:00:40)
  オク コウスケ
  澳 昂佑
   所属   川崎医療福祉大学  リハビリテーション学部 理学療法学科
   職種   助教
■ 現在の専門分野
リハビリテーション科学, スポーツ科学 (キーワード:スポーツリハビリテーション、足底の神経生理学,足関節障害に対するリハビリテーション評価・治療法の開発、整形外科疾患に対するリハビリテーション評価・治療法の開発) 
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2016~2019 理学療法治療学実習(運動器)
2. 2016~2019 理学療法評価学
■ 著書
1. 2018/11 部分執筆  アキレス腱障害のリハビリテーション「アスレティックリハビリテーションガイド」 
2. 2015/05 部分執筆  各疾患に対する理学療法[足・足趾]アキレス腱症・アキレス腱周囲炎「スポーツ外傷・障害の理学診断 理学療法ガイド」 
■ 学術雑誌
1. 2022/11/08 原著 Clinical reasoning of ultrasound imaging-guided manual passive manipulation for adhesion prevention in a patient with total knee arthroplasty: a case report 
2. 2022/01 原著 拡散型体外衝撃波の関節可動域改善効果に関する作用機序の研究-超音波エコーを用いた評価- 
3. 2021/08 原著 安静時および姿勢変換時脈圧動態へのノイズ前庭電気刺激の影響 
4. 2021/06 総説 足底振動刺激療法の理論と実際 
5. 2021/05 総説 目標に基づく理学療法のための臨床推論―症状・疾患別の実際 変形性膝関節症 
全件表示(41件)
■ 学会発表
1. 2021/11 医工連携による振動刺激トレーニングマシンfrom Footの開発 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 
2. 2021/11 拡散型圧力波が神経筋機能とパフォーマンスに及ぼす影響 (口頭発表,一般) 
3. 2021/11 拡散型圧力波の関節可動域改善効果に関する研究(第2報) 足関節術後症例に対する即時効果について (口頭発表,一般) 
4. 2021/11 拡散型体圧力波の関節可動域改善効果に関する研究 足関節術後症例に対する即時効果について (口頭発表,一般) 
5. 2021/11 母趾外転筋エクササイズが着地動作時の動的姿勢制御能力に与える影響について (口頭発表,一般) 
全件表示(89件)
■ 講師・講演
1. 2022/12/16 足の機能解剖から考える運動器疾患に対する理学療法(兵庫県理学療法士会)
2. 2022/10 足関節不安定症に対する理学療法のコツ(岡山)
3. 2022/07/03 膝関節可動域制限に対する超音波画像(ポケットエコーによる)を用いた理学療法―エビデンスと機能解剖から考える有効な使用方法とその実際―(第34回大阪府理学療法学術大会)
4. 2022/06 東京オリンピックにおけるメディカルサポートの実際(川崎医療福祉学会 第62回研究集会)
5. 2021/11 積極的保存療法について学ぶ~保存療法の達人を目指せ!(第46回足の外科学会学術集会)
全件表示(17件)
■ 所属学会
1. 2009~ 日本理学療法士協会
2. 2017~ 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
3. 2017~ 日本臨床スポーツ医学会
4. 2019~ 日本整形外科スポーツ医学会
5. 2019~ 日本臨床バイオメカニクス学会