(最終更新日:2020-03-19 18:09:57)
  フクナガ シンヤ   Fukunaga Shinya
  福永 真哉
   所属   川崎医療福祉大学  リハビリテーション学部 言語聴覚療法学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
医療社会学, 言語聴覚障害学, 社会脳科学, 脳計測科学 (キーワード:食行動、認知症、脳科学) 
■ 著書
1. 2018/12 部分執筆  失語症の回復予測はできるの?「ブレインナーシング」 
2. 2019/07/10 部分執筆  コミュニケーション障害/音声障害の心理社会的問題「言語聴覚士のための パーキンソン病のリハビリテーションガイト」 
3. 2019/07/10 部分執筆  パーキンソン病の発話速度の調節訓練「言語聴覚士のための パーキンソン病のリハビリテーションガイト」 
4. 2018/12 部分執筆  運動覚(性)促通法、失語症重症度尺度「やさしい高次脳機能障害用語事典」 
5. 2017/07 部分執筆  記憶障害「リハビリナース特集超入門!ナース・PT・OT・STのための高次脳機能障害ビジュアル事典」 
全件表示(18件)
■ 学術雑誌
1. 2020/03/10 症例報告 左側頭葉後下部病変による失読失書例の漢字書字過程の分析 
2. 2020/01/20 症例報告 プロソディ障害が残存した右半球病巣による非右利き発語失行の1例 
3. 2019/11 その他 高齢者の認知症予防と今後の展望 
4. 2019/09/17 原著 Safety of transcutaneous electrical sensory stimulation of the neck in terms of vital parameters in dysphagia rehabilitation 
5. 2019/07 総説 dysarthria患者に対するリハビリテーション 
全件表示(61件)
■ 学会発表
1. 2019/11 思春期以降の吃音者に認められる社交不安の状態について (ポスター,一般) 
2. 2019/09 経口摂取と気管カニューレ抜管に向けた嚥下訓練を試みた一例 (ポスター,一般) 
3. 2019/06/28 顔の歪みに特徴的な方向性を呈した相貌変形視の症例 (口頭発表,一般) 
4. 2019/06 ギランバレー症候群に伴う摂食嚥下リハビリテーションの経過 (口頭発表,一般) 
5. 2019/06 在宅高齢者の低栄養が嚥下機能に及ぼす影響 (口頭発表,一般) 
全件表示(39件)
■ 所属学会
1. 1990/10~ 日本音声言語医学会
2. 2011/10 ∟ 評議員
3. 1991/09~ 日本高次脳機能障害学会
4. 2007/11 ∟ 評議員
5. 1991/12~ 日本神経心理学会
全件表示(12件)