(最終更新日:2020-02-27 15:24:21)
  アライ サワコ   Arai Sawako
  荒井 佐和子
   所属   川崎医療福祉大学  医療福祉学部 臨床心理学科
   職種   講師
■ 現在の専門分野
臨床心理学 (キーワード:臨床心理学,認知症の人と家族への心理的支援,認知症の予防) 
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2018/01~ moodle (Keli) を活用したレポートのフィードバック。
2. 2019/09/26~2020/01/23 moodle (Keli) を用いた小テストの実施(理解度の調査と自宅学習の促進)。
●作成した教科書、教材
1. 2014/04~ 教材の作成
●教育に関する発表
1. 2014/12/03 広島女学院 講演会「不登校大学生に対する教員の視点と支援」
■ 著書
1. 2016/12 部分執筆  [意思決定]他13項目「認知症ケア用語辞典」 
2. 2015/07 部分執筆  アルツハイマー病患者と家族の関係性分析「医療・医学・薬学におけるSOMの応用」 
3. 2014/04 部分執筆  子どもの心の問題に関する精神医学的知識「教師教育講座 第11巻 教育相談」 
■ 学術雑誌
1. 2019/12 原著 Selection process for botulinum toxin injections in patients with chronic-stage hemiplegic stroke: a qualitative study. 
2. 2018/12 その他 認知症の症状および介護に関する知識と認知症高齢者イメージとの関連 
3. 2016/03 原著 認知症進行期に対する認識―医療福祉系大学の学生を対象とした調査― 
4. 2014/12 原著 地域がん患者会参加者のベネフィット・ファインディングとメンタルヘルス指標との関連 
5. 2013/12 原著 地域がん患者会と協働する臨床心理士に対する面接調査 
全件表示(15件)
■ 学会発表
1. 2020/02/23 「あかいわ脳はつらつ5か条」を軸にした地域づくり・認知症予防の推進の試み (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 
2. 2020/01/27 過疎地域でも都市部でも手軽にできる「認知症予防のお裾分け」的ボランティア活動の検討 (口頭発表,一般) 
3. 2019/12/14 大学生の認知する祖父母の機能と自身の心理的発達および高齢者イメージとの関連 (ポスター,一般) 
4. 2018/12/15 大学生の孫からみた祖父母の機能と祖父母イメージ (ポスター,一般) 
5. 2016/11/20 慢性期脳卒中片麻痺者におけるボツリヌス治療を選択する過程―GTAとTEMによる混合研究法― (ポスター,一般) 
全件表示(48件)
■ 講師・講演
1. 2014/12 不登校大学生に対する教員の視点と支援
2. 2015/03 認知症について―認知症の心理検査―
3. 2016/06 大切な人が認知症になったらー家族からみた認知症
4. 2016/06 大切な人が認知症になったらー社会からみた認知症
5. 2016/06 大切な人が認知症になったらー本人からみた認知症
全件表示(9件)
■ 所属学会
1. 2004/07~ (社)日本心理臨床学会
2. 2004/10~ 中国四国心理学会
3. 2007/10~ 日本認知症ケア学会
4. 2008/12~ 日本認知症学会
5. 2018/03~ 日本老年臨床心理学会 Link
全件表示(6件)