(最終更新日:2019-03-22 12:09:38)
  タケウチ マサキ   Takeuchi Masaki
  竹内 雅貴
   所属   川崎医療福祉大学  医療技術学部 臨床検査学科
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
発生生物学, 分子生物学, 進化生物学 (キーワード:初期発生、内胚葉、卵割、三胚葉、オーガナイザー、体軸、脊椎動物、条鰭類、両生類、ポリプテルス、進化、) 
■ 著書
1. 2009 部分執筆  Chapter 18: The Genus Polypterus (Bichirs): A Fish Group Diverged at the Stem of Ray-Finned Fishes (Actinopterygii), Emerging Model Organisms: A Laboratory Manual 
■ 学術雑誌
1. 2012 その他 Evo-Devo:進化発生生物学 〜形態進化を個体発生システムの変化として理解する〜 
2. 2011/11 原著 Overview of the transcriptome profiles identified in hagfish, shark, and bichir: current issues arising from some nonmodel vertebrate taxa 
3. 2010/06 原著 Evolutionary origin of the Otx2 enhancer for its expression in visceral endoderm 
4. 2009/08 原著 Germ layer patterning in bichir and lamprey; an insight into its evolution in vertebrates 
5. 2009/05 原著 Microinjection of bichir (Polypterus) embryos 
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2019/03/04 生殖機能を司る脳下垂体ホルモン産生細胞の進化 (口頭発表,一般)  Link
2. 2018/12/14 繰り返し伸展刺激による繊維芽細胞核の弾性特性変化における核膜タンパク質の役割 (口頭発表,一般)  Link
3. 2018/10/24 進化途上で起こった生殖腺ホルモンの別細胞化メカニズム (口頭発表,一般)  Link
4. 2018/08/04 比較解析を目的とした有尾両生類の初期発生研究  
5. 2018/07/10 Mechanical conditions of nesprin-mediated nucleus-actin filament bindings affect polarized elongation of fibroblasts induced by cyclic stretching (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等)  Link
全件表示(46件)
■ 講師・講演
1. 2014/09 生き物のかたち:そのつくられ方と遺伝子の不思議(兵庫県丹波市)
2. 2015/01 脊椎動物はすべて”サカナ”です!!(仮) ”サカナ”の多様な原腸形成(大阪府 高槻市) Link
3. 2016/02 生物学からみたヒトの成り立ち 〜遺伝子・発生・進化から再生医療まで〜