(最終更新日:2020-05-13 16:48:16)
  ヒラオカ タカシ   Hiraoka Takashi
  平岡 崇
   所属   川崎医療福祉大学  リハビリテーション学部 理学療法学科
   職種   教授
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2004/04~2005/03 講義の途中で質問し挙手させ理解できているかどうかを確認しながら進める
●作成した教科書、教材
1. 2006/09 PT・OT・ST・学生のためのやさしい嚥下障害診療
2. 2014/01~ PT・OT・STのための一般臨床医学
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2012/04/01~ 川崎医科大学 学年副担当
■ 著書
1. 2018/12 部分執筆  高次脳機能障害(行政用語)診断基準
高次脳機能障害標準的訓練プログラム「やさしい高次脳機能障害用語事典」 
2. 2014/09 部分執筆  高次脳機能障害「リハビリナース2014年秋季増刊 リハビリナースのための超重要疾患マスターブック」 
3. 2014/03 部分執筆  3章 脳神経外科概論 7章 眼疾患 8章 耳鼻咽喉科疾患「PT・OT・STのための一般臨床医学」 
4. 2014/03 部分執筆  スモン患者における嚥下機能評価「厚生労働省研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)スモンに関する調査研究班 平成23~25年度総合研究報告書」 
5. 2014/03 部分執筆  岡山県のスモン患者における嚥下機能評価「厚生労働省研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)スモンに関する調査研究班 平成25年度総括・分担研究報告書」 
全件表示(9件)
■ 学術雑誌
1. 2014/12 原著 Frequency of Stage II Oral Transport Cycles in Healthy Human 
2. 2019/04 症例報告 Association of late effects of single, severe traumatic brain injury with Alzheimer's disease using amyloid PET 
3. 2017/05 原著 Food transit duration is associated with the number of stage II transport cycles when eating solid food 
4. 2016/02 原著 Electromyography of Swallowing with Fine Wire Intramuscular Electrodes in Healthy Human: Amplitude Difference of Selected Hyoid Muscles. 
5. 2015/11 総説 特集 高次脳機能障害の診断とリハビリテーション: 社会的行動障害 
全件表示(65件)
■ 学会発表
1. 2014/03/22 Effects of donepezil hydrochloride on functional independence measure (FIM) of stroke pstients in our recovery phase rehabilitation ward. (口頭発表,一般) 
2. 2014/03/22 The effect of botulinum toxin A in function and ability for stroke patient. (ポスター,一般) 
3. 2014/03/22 The surface electrical stimulation in a patient with dysphagia caused by dyskinesia. (ポスター,一般) 
4. 2014/03/22 Volitional control of walking induces changes in motor cortical excitability (ポスター,一般) 
5. 2013/12/08 ドネペジル塩酸塩が奏功した両側前大脳動脈塞栓症の一例 (口頭発表,一般) 
全件表示(48件)
■ 講師・講演
1. 2019/11/17 高次脳機能障害診療における脳イメージングのこれから(静岡)
■ 所属学会
1. 1996/05~ 日本リハビリテーション医学会
2. 1996/05~2010/03 ∟ 広報委員会委員
3. 2012/05~ ∟ 地方会幹事
4. 2012/11~ ∟ 専門医会幹事
5. 2014/02~ ∟ 代議員
全件表示(18件)