(最終更新日:2020-09-14 13:14:34)
  コバラ ケンイチ   Kobara Kenichi
  小原 謙一
   所属   川崎医療福祉大学  リハビリテーション学部 理学療法学科
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
福祉工学 assistive technology (キーワード:車いす、褥瘡) 
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2008/01~ ビデオ教材
■ 著書
1. 2016/10 部分執筆  第2章 疾患・障害別運動療法 A運動器疾患 1.骨折、2.関節リウマチ、3.変形性関節症「PT・OTのための臨床実習で役立つリハビリテーション基本実技」 
■ 学術雑誌
1. 2019/11 原著 車椅子の背張り調整が背もたれ後傾時の臀部ずれ力、体幹の相対的ずれ幅および背もたれの使用感に及ぼす影響 
2. 2019/10/28 原著 Muscle activity during backward perturbation response in patients with clinical vertebral compression fractures 
3. 2019/10/28 原著 臨床症状を有する脊椎圧迫骨折患者の後方への外乱負荷応答に着目したバランス機能の検討 
4. 2019/10 原著 背もたれ傾斜中における臀部ずれ力の変動と背もたれ上での体幹の上方滑りのタイミングとの関係 
5. 2019/05 原著 Development of a seat cover for a wheelchair on back support for decreasing shear force applied to the buttocks during reclining back support 
全件表示(69件)
■ 学会発表
1. 2020/02/08 心臓外科手術患者に対するベルト電極式骨格筋電気刺激療法の安全性と効果:高齢者を対象としたpilot RCT (口頭発表,一般) 
2. 2019/11/15 パーキンソン病患者の気分障害と自己評価の関連性について (ポスター,一般) 
3. 2019/08/23 背もたれ傾斜中の臀部ずれ力変動軽減を目的とした背もたれ用シートカバーアセンブリの効果検証 (ポスター,一般) 
4. 2019/07/14 車椅子の背張りが背もたれ後傾時の臀部ずれ力と体幹の背もたれに対する相対的ずれ幅に及ぼす影響 (口頭発表,一般) 
5. 2019/06/07 Electrical Impedance Myographyにおける電極間距離と電流到達距離の関係性‐下肢筋の固有インピーダンス測定に向けた基礎的研究‐ (口頭発表,一般) 
全件表示(102件)
■ 講師・講演
1. 2010/02 リラックスして『食』を楽しむ(広島市安佐南区)
2. 2012/07 リハビリテーション医療の基礎知識(理学療法)(岡山県倉敷市)
3. 2013/07 リハビリテーション医療の基礎知識(理学療法)(岡山県倉敷市)
4. 2014/08 座らせきりの弊害としての褥瘡の基礎知識と予防(岡山県倉敷市)
5. 2014/10 モデル計算式から得られた褥瘡発生因子としての臀部ずれ力軽減を目的とした車いすシーティングの方策の提案(岡山県岡山市)
全件表示(10件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2018/02/07~2018/02/07 姿勢調節練習器(倉敷市,岡山県)
2. 2017/01/18~2017/01/19 背もたれ傾斜中の 臀部ずれ力軽減のための背もたれ用 摩擦軽減シートカバー(早島町,日本)
■ 所属学会
1. 2007~ 川崎医療福祉学会
2. 2014/05~ 日本リハビリテーション臨床教育研究会
3. 2018 日本褥瘡学会
4. 全国大学理学療法教育学会
5. 日本シーティング・コンサルタント協会
全件表示(9件)