(最終更新日:2021-05-21 16:44:57)
  モリヤ フミオ   Moriya Fumio
  守屋 文夫
   所属   川崎医療福祉大学  保健看護学部 保健看護学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
法医学 (キーワード:臨床法中毒学、救急病態薬理学、法アルコール学、法病理学、法社会病理学) 
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2008/04/01~2009/03/31 学部担当授業科目〔解剖学概論、臨床医学総論〕
2. 2009/04/01~2010/03/31 学部担当授業科目〔環境生理学、労働生理学、運動薬物学(薬理学を含む)、解剖学概論、臨床医学総論〕
3. 2010/04/01~2011/03/11 学部担当授業科目〔看護生理基礎科学、薬理学、臨床検査学、環境生理学、労働生理学、運動薬物学(薬理学を含む)、卒業研究〕
4. 2011/04/01~2012/03/31 学部担当授業科目〔看護生理基礎科学、薬理学、臨床検査学、環境生理学、労働生理学、運動薬物学(薬理学を含む)、卒業研究〕
5. 2012/04/01~2013/03/31 学部担当授業科目〔生理基礎科学、薬理学、臨床検査学、臨床薬理学、運動薬物学(薬理学を含む)、臨床医科学論、卒業研究〕
●作成した教科書、教材
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(47件)
■ 著書
1. 2019/02 部分執筆  Forensic sciences: alcohol in body fluids, Encyclopedia of Analytical Science, Third Edition 
2. 2018/11 部分執筆  Forensic Sciences-Alcohol in Body Fluids, Elsevier Reference Module in Chemistry, Molecular Sciences and Chemical Engineering 
3. 2018/03 全体執筆  「薬理学:臨床薬理の基礎から濫用薬物まで」 
4. 2016/09 部分執筆  Immunoassays, Applications: Forensic, Elsevier Reference Module in Chemistry, Molecular Sciences and Chemical Engineering 
5. 2015/12 部分執筆  Immunoassays, Forensic Applications, Encyclopedia of Forensic and Legal Medicine 
全件表示(10件)
■ 学術雑誌
1. 2019/12 原著 Site specificity and effects of antemortem and postmortem blood properties on postmortem blood methamphetamine concentrations: a report of 7 cases 
2. 2019/11 原著 Cyanide concentrations in blood and tissues of fire victims 
3. 2018/03 総説 体組織のアルコール検査の落とし穴と留意点 
4. 2016/12 原著 法医解剖例からみた乳児急死の実態 
5. 2016/11 その他 Gastric excretion of intravenously administered drugs in critical care patients 
全件表示(47件)
■ 学会発表
1. 2019/12/07 簡易薬物スクリーニングキットIVeX-screen M-1の法医解剖検査における有用性について (口頭発表,一般) 
2. 2019/12/07 血中メタンフェタミン濃度の死後変動について (口頭発表,一般) 
3. 2019/09/18 Cyanide concentrations in blood and tissues of fire victims (口頭発表,一般) 
4. 2019/09/01 尿中のデートレイプドラッグを含む乱用薬物の迅速スクリーニング-簡易検査キットの原理・有用性・限界 (口頭発表) 
5. 2019/06/14 Determination of cyanide concentration in autopsy materials (口頭発表,一般) 
全件表示(79件)
■ 講師・講演
1. 2015/10 看護職・学生への法医学教育の必要性:今後増加する在宅死に対応するために(岡山)
2. 2016/06/11 体によくないこと!やめられないメカニズム
3. 2017/10 依存のメカニズムと実際:嗜好品への依存
4. 2017/10 依存のメカニズムと実際:依存のメカニズム
5. 2017/11 依存のメカニズムと実際:薬物への依存
■ 所属学会
1. 1985/04~ 日本アルコール・薬物医学会
2. 1991/10~ ∟ 評議員
3. 1985/04~ 日本法医学会
4. 1992/04~ ∟ 評議員
5. 1989/06~ 日本法中毒学会
全件表示(18件)