(最終更新日:2021-09-01 16:22:38)
  フクシマ ヤスヒロ   Fukushima Yasuhiro
  福島 康弘
   所属   川崎医療福祉大学  医療福祉学部 医療福祉学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
計算論的神経科学 Computational Neuroscience, 神経科学 Neuroscience, 神経生理学 Neurophysiology, 生命倫理学 Bioethics (キーワード:海馬、学習、記憶、数理モデル、カオス) 
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2011/04/01~ 学生の理解度を確認するため、毎回の講義の終わりに小レポートを提出
2. 2011/04/01~ 毎回の講義後、よくわからなかった点やコメント、質問を紙に書いてもらい、提出。次回の講義の最初で解説をしたり質問に答える
3. 2015/04/01~2019/03/31 肢体不自由学生へのICTを活用した学修支援
4. 2015/10/01~ クリッカーを利用した双方向講義の実践
●作成した教科書、教材
1. 2011/04/01~ 毎回の講義にレジュメを準備、配布
●教育に関する発表
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(26件)
■ 学術雑誌
1. 2021/08 原著 Physiological properties of Cantor coding-like iterated function systemin the hippocampal CA 1 network 
2. 2020 原著 肢体不自由学生の学修支援のための電子デバイス活用 
3. 2018 総説 集中が記憶に及ぼす影響 
4. 2016/10 原著 The effect of coactivation of muscarinic and nicotinic acetylcholine receptors on LTD in the hippocampal CA1 network. 
5. 2016/05 その他 肢体不自由学生の学修支援のための電子デバイス活用と新しい福祉用具の提案 
全件表示(26件)
■ 学会発表
1. 2019/10/02 Acetylcholine effects on STDP induced on spatial and non-spatial information in dentate gyrus (口頭発表,一般) 
2. 2019/05/24 体験型の基礎教育科目「ボランティア入門」について (口頭発表,一般) 
3. 2019/02/13 ACh effects on dynamical changes occurred during STDP-inducing stimuli (口頭発表,一般) 
4. 2018/07/28 The effect of acetylcholine on spatial and non-spatial information in dentate gyrus (ポスター,一般) 
5. 2017/11/29 クリッカーを用いた学生参加型講義への試み (口頭発表,一般) 
全件表示(53件)
■ 講師・講演
1. 2014/12 記憶や学習の脳内メカニズム(岡山県立岡山朝日高等学校)
2. 2015/12 記憶と学習の脳内メカニズム(岡山県立岡山朝日高等学校)
3. 2016/06 生活習慣と学習・記憶(岡山工業高校)
4. 2017/02 人の記憶と脳内メカニズム(ライフパーク倉敷)
5. 2017/06 睡眠と学習の関係について(岡山工業高校)
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 1997/04~ 日本神経科学学会
2. 1997/04~ 日本動物学会
3. 2001/04~ 北米神経科学学会
4. 2011/10~ 日本人間工学会
5. 2014/10~ 日本生命倫理学会