(最終更新日:2021-09-16 19:50:05)
  ウエノ ヒロシ
  上野 浩司
   所属   川崎医療福祉大学  医療技術学部 臨床検査学科
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
神経科学一般, 医療薬学, 精神神経科学, 実験動物学, その他, 実験心理学 (キーワード:抑制性ニューロン,神経細胞周囲網,Fc受容体,パルブアルブミン,前頭前野,向社会的行動,マウス,行動実験) 
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2017/04~ 臨床経験を活かした臨場感ある講義の実施
2. 2018/04/01~ 実習内容・方法等についてアンケートを実施
3. 2018/04/01~ 生理検査学実習における理解度の調査とその克服を促す時間の確保
4. 2018/04/01~ 双方向性対話形式の実習
5. 2020/04/01~ スマホで国家試験対策が出来るようアプリの活用
●作成した教科書、教材
全件表示(10件)
■ 学術雑誌
1. 2018/01 原著 Age-Dependent and Region-Specific Alteration of Parvalbumin Neurons and Perineuronal Nets in the Mouse Cerebral Cortex  Link
2. 2013/06 原著 Somatosensory and Visual Deprivation Each Decrease the Density of Parvalbumin Neurons and Their Synapse Terminals in the Prefrontal Cortex and Hippocampus of Mice  Link
3. 2021/02 その他 ヘキサナール吸入による神経心理学的影響  Link
4. 2021 原著 Glutaminase inhibitory activities of pentacyclic triterpenes isolated from Thymus vulgaris L. 
5. 2020/11 その他 バラの香り成分-抗ストレス・抗不安効果の有効性の評価研究  Link
全件表示(42件)
■ 学会発表
1. 2021/07/31 Mice can recognise water depths and can choose not to enter the water if it is too deep (ポスター,一般) 
2. 2021/07/15 Physical Isolation Stress Affects Behavioral Brain Development in Mice (ポスター,一般) 
3. 2020/07/29 Mice observer behaviour in the fear observation system may reflect conformity-like or imitative behaviour rather than empathy-like behaviour (一般) 
4. 2020/05/23 Housing with different age groups before maturity affects mouse behavior (一般) 
5. 2020/03/17 Alteration of astrocytes and extracellular matrix molecules in the cortex of pentylenetetrazol-kindled mice (抄録提出,一般) 
全件表示(28件)
■ 所属学会
1. 2009/12~ 日本生化学会
2. 2010/06~ 日本神経科学学会
3. 2011/07~ 日本食品安全協会
4. 2013/10~2014/12 日本薬理学会
5. 2016/01~ 日本生理学会
全件表示(8件)