(最終更新日:2019-07-24 16:36:53)
  シオミ マサシ
  塩見 将志
   所属   川崎医療福祉大学  リハビリテーション学部 言語聴覚療法学科
   職種   教授
■ 著書
1. 2015/08 部分執筆  「間接法による吃音訓練」 
2. 2014 部分執筆  「図解 言語聴覚療法技術ガイド」 
3. 2009 部分執筆  「改定 吃音」 
■ 学術雑誌
1. 2017/03 原著 遅延聴覚フィードバックによる非吃音者の流暢性と 眼球運動の関連 
2. 2015/03 原著 遅延聴覚フィードバックによる非吃音者の吃音様症状発生における個体差の要因 前頭皮質の脳活動による検討 
3. 2010 原著 Longitudinal study of factors relating to recovery from childhood stuttering 
4. 2010 その他 幼児期吃音児への環境調整法の適応について‐吃音児の特性と環境に注目した検討‐ 
5. 2009/03 症例報告 幼児1例における吃音の自然治癒までの縦断的検討 
全件表示(9件)
■ 学会発表
1. 2018/06/23 左脳梁、帯状回の損傷後にプロソディ障害を認めた一例 (口頭発表,一般) 
2. 2018/06/23 就学を控えた多言語環境の児に対する言語発達評価の試み (ポスター,一般) 
3. 2017/09/18 The effectiveness of a mental rehearsal program for adult stutterers (ポスター,一般) 
4. 2015/10 RASSにより発話への注目や工夫が減少した1例 (口頭発表,一般) 
5. 2015/10 非吃音者の遅延聴覚フィードバック(DAF)に対する学習効果についての検討 (口頭発表,一般) 
全件表示(12件)