(最終更新日:2021-03-05 10:51:59)
  カワモト ケイ   Kawamoto Kei Kenichiro
  河本 けい
   所属   川崎医療福祉大学  リハビリテーション学部 視能療法学科
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
リハビリテーション科学, 実験心理学, 光工学、光量子科学 (キーワード:視覚工学・心理学,色覚,色彩,人間工学) 
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2009/04~ 視覚生理学、基礎視能学III、視能学研究法
2. 2009/04~ 視能学研究法、基礎視能学III
3. 2014/04/11~2014/04/13 神戸大学大学院海事科学研究科附属練習船深江丸教育関係共同利用による大学院演習(視覚臨床生理学演習)の実施
4. 2020/05~ 視能学研究法,基礎視能学III,視覚生理学
●作成した教科書、教材
1. 2009/04~ 視覚生理学、基礎視能学III、視能学研究法
■ 著書
1. 2011/12 部分執筆  7.8順応、7.11混色、7.12測色、7.13色の心理効果、7.15McGollough効果、7.16表色、7.17幾何学的錯視とその他の錯視、7.18動きの錯視「光の百科事典」 
2. 2011 その他  Visual condition at sea for the safety navigation, International recent issues about ECDIS, E-navigation and safety at sea - marine navigation and safety of sea transportation 
■ 学術雑誌
1. 2016/03 原著 Color constancy of color deficient observers under illuminations defined by individual color discrimination ellipsoid 
2. 2015/09 原著 The Effect of Luminance Change for OOW's Visual Cognition 
3. 2014/04 原著 Repeatability of visual acuity testing using a psychometric function 
4. 2013/03 原著 基本色名に基づく色分類における照度の影響―明所視における若年者と高齢者の比較― 
5. 2012/09 原著 Color Categorization of Color Deficiencies, effects of illuminance and categorization correspondence to normal trichromat 
全件表示(11件)
■ 学会発表
1. 2019/12/01 Emotional responses of dichromate to colors and color names (ポスター,一般) 
2. 2018/07/06 知覚確率曲線を用いた視力測定法に最低限必要な試行回数の検討(第二報) (口頭発表,一般) 
3. 2018/01/24 ポップアウトしやすい標識のあり方
ー高齢者と若年者の比較ー (口頭発表,一般) 
4. 2017/12/04 高齢者・眼疾患者の文字探索 (口頭発表,一般) 
5. 2017/09/02 知覚確率曲線を用いた視力測定法に最低限必要な試行回数の検討 (口頭発表,一般) 
全件表示(43件)
■ 講師・講演
1. 2014/09 色で情報を伝えるー加齢の影響と生活の質(名古屋市)
2. 2015/05 情報受容における色の役割 色覚のバリエーションに関連して
3. 2018/06 色を見る・色で伝える 「カラーユニバーサルデザイン」 のお話
4. 2019/10/13 色覚異常を持つ人の日常生活における不便益(寝屋川市 大阪)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2018/03/03 日本色彩学会関西支部大会オープンラボ(大阪市寝屋川市)
■ 所属学会
1. 1996/04~ 日本色彩学会
2. 2004/06~2008/03 ∟ 東海支部役員
3. 2005/05~2017/06 ∟ 代議員
4. 2009/09~ ∟ 関西支部役員
5. 2012/06~2016/06 ∟ 学会誌編集委員
全件表示(19件)