(最終更新日:2020-05-14 10:07:14)
  ミヤタ ケイタ
  宮田 恵多
   所属   川崎医療福祉大学  医療技術学部 臨床栄養学科
   職種   講師
■ 現在の専門分野
食品科学, 応用生物化学 (キーワード:酸化、過酸化物質、線虫) 
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2018/04~2018/08 DNA解析を実習に新たに導入(食品学実習)
2. 2018/04~2018/08 小テストの実施と解説(食品衛生学)
3. 2018/10~2019/01 リアクションペーパーを用いた講義(環境保健学)
4. 2018/10~2018/11 レポート作成の指導(食品衛生・微生物学実習)
5. 2018/10~2018/11 実習サンプルの準備と分析(食品衛生・微生物学実習)
■ 著書
1. 2012/08 部分執筆  Botulinum Toxin Complex: A Delivery Vehicle of Botulinum Neurotoxin Traveling Digestive Tract, Structure and Function of Food Engineering 
■ 学術雑誌
1. 2019/02 原著 魅力いっぱいの嫌われ者, ゴキブリから学ぶ 
2. 2018/02 原著 Systemic RNAi of V-ATPase subunit B causes molting defect and developmental abnormalities in Periplaneta fuliginosa 
3. 2017/10 原著 Reversible Association of the Hemagglutinin Subcomplex, HA-33/HA-17 Trimer, with the Botulinum Toxin Complex 
4. 2016/09 原著 Data describing inhibitory profiles of sugars against hemagglutination by the botulinum toxin complex of Clostridium botulinum serotypes C and D 
5. 2015/10 原著 Hemagglutinin gene shuffling among Clostridium botulinum serotypes C and D yields distinct sugar recognition of the botulinum toxin complex 
全件表示(23件)
■ 学会発表
1. 2020/03/27 エゴマ油の抗酸化能を向上させる抽出法の検討およびその生理作用 (抄録提出,一般) 
2. 2019/11/03 大麦若葉由来の脂溶性画分の抗細胞障害作用 (口頭発表,一般) 
3. 2019/11/02 プロピオン酸とケトン体がC. elegansの寿命に及ぼす影響 (口頭発表,一般) 
4. 2019/03/26 RNA干渉による害虫防除は有効か? (口頭発表,一般) 
5. 2018/11/29 RNA干渉を応用した害虫防除システムの検討 (ポスター,一般) 
全件表示(23件)
■ 講師・講演
1. 2020/02/06 元気で美味しく食べる(岡山、日本)
■ 所属学会
1. 2006/04~2012/03 日本細菌学会
2. 2006/04~2012/03 日本生化学会
3. 2014/11~2018/11 日本応用動物昆虫学会
4. 2015/09~ 日本農芸化学会
5. 2018/06~ 日本栄養改善学会
全件表示(7件)