(最終更新日:2020-05-27 14:37:22)
  フジノ マサヒロ   Fujino Masahiro
  藤野 雅広
   所属   川崎医療福祉大学  医療技術学部 健康体育学科
   職種   講師
■ 現在の専門分野
神経科学一般, 神経科学一般, スポーツ科学, 栄養学、健康科学, 生理学, 医療管理学、医療系社会学 
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2012/04~ 運動学実技Aに関する工夫
2. 2012/04~ 体育実技指導法に関する工夫
●作成した教科書、教材
1. 2008/04~2012/03 健康とスポーツを科学する
2. 2012/04~ 健康とスポーツを科学する 第2版
3. 2012/09~ 体育指導法D
全件表示(6件)
■ 著書
1. 2012/04 部分執筆  「健康とスポーツを科学する」 
2. 2008/04 部分執筆  「健康とスポーツを科学する」 
■ 学術雑誌
1. 2019/10/01 その他 療育を必要とする幼児の体力・運動能力の実態調査-体力・運動能力にあわせた早期支援の方策の検討- 
2. 2017/05 原著 放課後等デイサービスにおける運動支援の取り組み 
3. 2016/05 その他 レジスタンストレーニングにおける血中myostatinの濃度変化 
4. 2016/03 原著 Bone metabolism in epilepsy patients: An analysis of 30 cases taking classic anti-epileptic drugs 
5. 2015/04 その他 医療福祉の現場における職員対象のフィットネスジム利用システムの構築および効果について 
全件表示(26件)
■ 学会発表
1. 2019/11/09 疾病予防運動施設の評価基準作成の意義とその作成に向けた準備的考察 ―プロセス調査に焦点をあてて― (口頭発表,一般) 
2. 2019/11/09 就学前の発達障がい児に対する運動支援の方策 ~社会的スキル向上にむけた NPO 法人の取組みの事例~ (口頭発表,一般) 
3. 2019/11/09 発達障害児に対する運動指導の取組み結果について~就学前の発達障害児に対する指導課題~ (口頭発表,一般) 
4. 2018/10/13 NPO法人おける児童発達支援の 取り組みについて (口頭発表,一般) 
5. 2018/06/16 レジスタンストレーニングによるmyostatinおよびInsulin-like growth factorsの変化  
全件表示(67件)
■ 講師・講演
1. 2012/07 調査研究をどのように実施していくか(岡山県 川崎医療福祉大学)
2. 2012/10 加齢に伴う健康維持(岡山県 美咲町柵原)
3. 2015/04 健康について考える(岡山)
4. 2015/05 加齢に伴う健康維持と運動(岡山)
5. 2015/06 発達障害児の運動支援(事例)(岡山)
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 2003/08~ 日本運動処方学会
2. 2006/04~ 川崎医療福祉学会
3. 2007/05~2018/11 生涯スポーツ学会
4. 2007/05~ 日本予防医学会
5. 2008/04~ 社会福祉士会
全件表示(13件)