(最終更新日:2020-03-03 14:37:12)
  タナカ ジュンコ   Tanaka Junko
  田中 順子
   所属   川崎医療福祉大学  リハビリテーション学部 作業療法学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
science of art (キーワード:作業療法学、臨床音楽学、障害受容) 
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2008/12/15 基礎教育科目「健康と音楽」の特別公開授業とその概要のWeb掲示
2. 2012/11 効率的な症例報告書作成マニュアルを作成
3. 2014/04/01~ アクティブラーニングと学習の確認
4. 2015/10/01~ 討論を中心としたアクティブラーニング
●作成した教科書、教材
1. 2014/09/30 臨床が変わる! イラストでわかる 目からウロコの音楽活動 Link
●実務の経験を有する者についての特記事項
●教育に関する発表
全件表示(8件)
■ 著書
1. 2013/07 全体執筆  「患者と治療者の間で“意味のある作業”の喪失を体験して」 
2. 2016/12 部分執筆  気分障害,神経症性障害「PT・OTのための
臨床実習で役立つリハビリテーション基本実技 OT版」 
3. 2015/06 部分執筆  第8章「存在を肯定する」作業療法を目指して「作業療法を創るーこの50年のナデシコ・サムライたちの挑戦ー」 
4. 2014/10 その他  6章 こころの病と音楽、11章 あなたにもできる!音楽活動のらくらく評価、12章 これからの音楽活動「臨床が変わる! イラストでわかる 目からウロコの音楽活動」 
5. 2014/06 部分執筆  「「存在を肯定する」作業療法へのまなざしーなぜ「作業は人を元気にする! 」のか」 
■ 学術雑誌
1. 2011/03 原著 作業療法と芸術表現(博士論文) 
2. 2019/08 原著 Significance and Problems of Community-based Music Activity in Occupational Therapy  Link
3. 2019 原著 患者の視点に立った作業療法の多様性と可能性 
4. 2018/10 原著 Effect and significance of songwriting for people with mental disorders: Trial of collaboration between an occupational therapist and a musician 
5. 2016/08 その他 事例検討会:患者の主体性を引き出す 
全件表示(17件)
■ 学会発表
1. 2016/11/12 即興で救われた人生、即興で生かされた存在 (口頭発表,特別・招待講演等)  Link
2. 2016/11/13 誰でもできる! 医療福祉現場での音楽活動 (シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等)  Link
3. 2018/05/10 Effect and significance of songwriting through collaboration with a musician (ポスター,一般) 
4. 2016/11/11 The Effects and Significance of Songwriting for patients with mental problems. (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 
5. 2015/09/15 The Effects and Significance of Songwriting in Self-Expression (口頭発表,一般) 
全件表示(14件)
■ 講師・講演
1. 2008/11 音楽で健康と楽しみを!―第5弾―(岡山県高梁市)
2. 2009/11 音楽で健康と楽しみを!―第6弾―(岡山県高梁市)
3. 2010/06 対人スキルアップ!あんな方法こんな方法―良好な対人関係を築くためのエクササイズや考え方について―(岡山県倉敷市)
4. 2010/11 音楽で健康と楽しみを!―第7弾―(岡山県高梁市)
5. 2012/11 音楽で健康と楽しみを!-第8弾-
全件表示(24件)
■ 所属学会
1. 1992/04~2000/03 日本バイオミュージック学会
2. 1994/04~ 日本作業療法士協会 Link
3. 1997/04~ 川崎医療福祉学会
4. 2001/04~ 日本音楽療法学会 Link
5. 2012/07~ 日本音楽即興学会 Link