(最終更新日:2020-03-19 14:30:04)
  イノウエ ケイコ   Inoue Keiko
  井上 桂子
   所属   川崎医療福祉大学  リハビリテーション学部 作業療法学科
   職種   特任教授
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 1994/04~ 1年次対象演習科目「作業療法研究Ⅰ」の教育内容の工夫
2. 1995/10~ 2年次対象演習科目「作業療法研究Ⅱ」の教育内容の工夫
3. 1996/04~2015/03 3年次授業科目「身体障害作業治療学Ⅰ・Ⅱ」の教育内容の工夫
■ 著書
1. 2016/12 部分執筆  序文 はじめに、第3章疾患・障害別作業治療学 4.脊椎損傷「PT・OTのための臨床実習で役立つリハビリテーション基本手技 OT版」 
2. 2010/05 部分執筆  「摂食・嚥下障害への作業療法アプローチ」 
3. 2005/04 部分執筆  シリーズ音楽療法 第5回実践現場からの報告 介護老人保健施設から「Geriatric Medicine(老年医学)」 
■ 学術雑誌
1. 2020/01 原著 岡山県における手指・手部切断に対する早期義手装着法の実態調査 
2. 2019/04 症例報告 手部切断における仮義手訓練の必要性 -一症例の作業療法経験を通して- 
3. 2017/08 原著 手部切断患者に対して熱可塑性スプリント材を用いた練習用仮義手を作製し、ADL改善につながった経験 
4. 2016/03 原著 PT・OTを目指す学生の考える終末期リハビリテーションに関する質的研究 
5. 2016/03 原著 学年進行に伴う学生のアイデンティティの変化 
全件表示(60件)
■ 学会発表
1. 2015/08/28 PT・OTを目指す学生の考える終末期リハビリテーションに関する質的研究 (ポスター,一般) 
2. 2015/08/28 学年進行に伴う学生のアイデンティティの変化 (ポスター,一般) 
3. 2015/08/27 長期実習直前の学生の職業価値意識と学習に関する動機と実態についての調査報告 (ポスター,一般) 
4. 2015/06/20 ソーシャルスキルズトレーニングが作業療法学生のソーシャルスキル及び特性的自己効力感に及ぼす効果 (口頭発表,一般) 
5. 2015/06 快適自己ペースによる運動が入院患者の心理状態に与える影響 (ポスター,一般) 
全件表示(63件)
■ 所属学会
1. 1979~ 日本作業療法協会
2. 1981~ 岡山県作業療法士会
3. 1995~ 川崎医療福祉学会