ワカイ カズコ
  若井 和子
   所属   川崎医療福祉大学  保健看護学部 保健看護学科
   職種   教授
項目区分 教育方法の実践例
項目区分 2020/03~
事項 助産学実習に経験録を追加、分娩介助技術形成評価
概要 学生の経験項目、到達レベルの確認は、分娩介助に立ち会った教員がその都度、評価表でチェックを行っている。別の実習施設で教員が実習指導を行っているため、全教員が学生の到達状況を共有することが難しい。そこで、実習要項に経験録を追加し、教員や臨床実習指導者に経験録を適宜、確認することで学生の到達レベルを共有できる。また、分娩介助3例目、6例目、10例目を目途に形成評価を目的とした面談を行うことは、学生が次段階へ向けた目標を明確にすることができ、最終目標到達を目指すことが狙いである。