モリモト ヒロミチ
  森本 寛訓
   所属   川崎医療福祉大学  医療福祉学部 子ども医療福祉学科
   職種   講師
言語種別 日本語
発表タイトル 就労者の心理的状態に関する分析-日本版SACLを用いて-
会議名 第78回日本産業衛生学
学会区分 全国規模の学会
発表形式 ポスター掲示
講演区分 一般
発表者・共同発表者◎森本寛訓,金光義弘,三野節子
発表年月日 2005/04
開催地
(都市, 国名)
東京
学会抄録 産業衛生雑誌 47(臨時増刊号),714 2005
概要 近年,就労者の精神保健への対応は重要な社会的要請としてある。この要請に応えるためには就労者が職務中または職場にいるときの心理的状態を把握する事は重要なポイントである。よって本研究では就労者の心理的状態を日本版SACLを用いて分析する事を目的とした。その結果,得られたデータにより共分散構造分析によってモデル化すると,活動的快因子と非活動的快因子の上位因子として肯定的気分因子が設定された。また肯定的気分因子,焦燥感因子,倦怠感因子の相関係数に着目すると,肯定的気分を体験している就労者は倦怠感の体験頻度が低下するが焦燥感は肯定的気分の体験頻度と関係なく体験されることが考えられた。