モリモト ヒロミチ
  森本 寛訓
   所属   川崎医療福祉大学  医療福祉学部 子ども医療福祉学科
   職種   講師
言語種別 日本語
発表タイトル 職業性ストレスが就労者の精神的健康に与える影響(1)-職種と仕事の裁量度を変数として-
会議名 日本健康心理学会第17回大会
学会区分 全国規模の学会
発表形式 ポスター掲示
講演区分 一般
発表者・共同発表者◎森本寛訓,清水光弘,三野節子,下山育子,金光義弘
発表年月日 2004/08
開催地
(都市, 国名)
東京
学会抄録 日本健康心理学会第17回大会発表論文集 412-413
概要 研究(1)では,職種の違いと仕事の裁量度が,就労者の精神的健康に与える影響について分析した。その結果,職種の違いと,仕事の裁量度の精神的健康に対する主効果は得られたが,交互作用効果は得られなかった。ここで,職種の違いの主効果に関する考察は研究(3)に譲り,研究(1)では,仕事の裁量度の主効果について考察する。研究(1)では,精神的健康を否定的側面からだけでなく,肯定的側面からも測定したが,仕事の裁量度との関係は,従来の研究成果に倣うものであった。すなわち,仕事の裁量度が高ければ,精神的健康は維持される,ということである。仕事の裁量度が高いと,心理的ストレス反応が低減されると同時に,覚醒感や職務満足感を高め,職務に対する積極的な態度を導くものと思われる。今後は,以上の結果を踏まえて,仕事の裁量度をいくつかの側面から捉え,精神的健康との関係をより詳細に検討する予定である。