モリモト ヒロミチ
  森本 寛訓
   所属   川崎医療福祉大学  医療福祉学部 子ども医療福祉学科
   職種   講師
言語種別 日本語
発表タイトル 老人施設介護職員の心身疲労に関連する要因の検討(2)―対処の組み合わせがストレス反応に及ぼす影響について―
会議名 日本健康心理学会第13回大会
学会区分 全国規模の学会
発表形式 ポスター掲示
講演区分 一般
発表者・共同発表者◎森本寛訓
発表年月日 2000/08
開催地
(都市, 国名)
東京
学会抄録 日本健康心理学会第13回大会発表論文集 214-215
概要 本研究では介護職員が対処法(コーピング)をどのように組み合わせて行っているのかをクラスター分析によって明らかにし,実際にどの組み合わせ(群)が最もストレス反応に影響しているか調べることを目的とした。結果として,「開き直り・回避型対処を行い,感情調整・再検討型対処を行っていない群」がストレス反応(バーンアウト)をより多く体験していた。この群は研究対象者全体の半数以上(140名中80名)を占めている事を考慮すると,本研究の対象者の多くが,少なからず心身共に疲れた状態にある事がうかがえた。今後はこれらの事実を踏まえて,介護職員の心身疲労の軽減について検討する予定である。