ハイサ ミノル
  羽井佐 実
   所属   川崎医療福祉大学  保健看護学部 保健看護学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発表タイトル 再発食道癌の診断と治療におけるPET-CTの意義
会議名 第64回日本食道学会学術集会
学会区分 全国規模の学会
発表形式 ポスター掲示
講演区分 一般
発表者・共同発表者◎山辻知樹, 田辺俊介, 藤原康宏, 野間和広, 櫻間教文, 繁光薫, 白川靖博, 羽井佐実, 藤原俊義, 猶本良夫
発表年月日 2010/08/31
開催地
(都市, 国名)
久留米市
学会抄録 プログラム・抄録集 180 
概要 PET-CTにて再発巣の発見が比較的早期の段階で可能となり、積極的局所治療を行う機会も増えている。食道癌再発巣の早期診断および治療にPET-CTが有用であると考えられた。再発巣に対する早期の局所治療を行うことで、局所の根治性、QOL、予後の向上が得られることが示された。
プログラム・抄録集P180
演題番号 P1-5-5
一般演題 ポスター5 Stage Ⅱ-Ⅲ 食道癌Ⅱ