ナカガワ トモユキ
  中川 智之
   所属   川崎医療福祉大学  医療福祉学部 子ども医療福祉学科
   職種   准教授
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
表題 世代間関係研究の活用による親層理解研究の意義と方法論についての考察
掲載誌名 正式名:岡山大学教育学部研究集録
ISSNコード:04714008
巻・号・頁 (123),127-137頁
著者・共著者 横松友義, 中川智之, 佐藤吹子, 高本美夏
発行年月 2003/07
概要 子どもの環境の中で, まず最初に発達初期の影響力のある環境となる親(保護者)に関する見解をもたなければならないことを指摘した. その上で, 世代間関係研究はパーソナリティ形成史構成のために活用できることを仮説を用いて示した. また, 従来の戦後日本教育史研究との比較により, パーソナリティ形成史に関する研究の特徴を示した.