ヨウイネ タケト
  用稲 丈人
   所属   川崎医療福祉大学  リハビリテーション学部 作業療法学科
   職種   講師
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 Raven's Progressive Matricesのクラスター分析と尺度構成
掲載誌名 正式名:高次脳機能研究
ISSNコード:13484818
出版社 (一社)日本高次脳機能障害学会
巻・号・頁 29(4),386-398頁
著者・共著者 用稲丈人, 種村純
発行年月 2009/12
概要 Raven’s Progressive Matrices(RPM)の3 課題であるColored Progressive Matrices, Standard Progressive Matrices,Advanced Progressive Matricesを脳損傷者と健常者の101名に実施 し,推理能力の段階的な尺度構成を試みた。RPM成績にクラスター分析およびGuttman法の尺度解 析を実施し,尺度と神経心理学的検査との関連を検討した。解析の結果,RPMの推理過程は「視知 覚的分析に基づく1次元的な規則性の発見」 ,「視知覚的分析に基づく2次元的な規則性の発見」
, 「視知覚的分析に基づいた2次元的規則性に変換を加えた推理」の3構造を持ち,8段階の尺度化が 可能(Rep>.90)であった。尺度は段階ごとに注意,記憶,遂行機能検査と異なる有意な相関を示 し,認知処理にはワーキングメモリも関連すると考えられた。また,8段階の合成項目得点による 全例の通過率分布からは,推理能力の段階的な評価が可能であると考えられた。
DOI 10.2496/hbfr.29.386