マツオカ サトコ
  松岡 智子
   所属   川崎医療福祉大学  医療福祉マネジメント学部 医療秘書学科
   職種   助教
論文種別 その他
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 医療秘書学科の学外実習における改善の取り組み
~自作ポケットマニュアル導入の効果~
掲載誌名 正式名:医療秘書実務論集
ISSNコード:21858330
掲載区分国内
出版社 日本医療秘書実務学会
巻・号・頁 (10),33-40頁
著者・共著者 松岡智子, 山本智子, 田中伸代, 田村久美, 黒木由美
発行年月 2020/03
概要 川崎医療福祉大学医療秘書学科では3年次に学外実習を実施している。これまで、学外実習に臨む際にA4判の実習手引きを持参させていた。しかし、実習中に事前学習した内容やマニュアルをすぐに見られない、手元にマニュアルがなく実習が不安であるといった問題点があった。そこで、学生自身が修得した知識等を即座に発揮できるよう、また実習に対する不安を解消し、自分自身で問題解決していく力を修得できるよう、学生に自作ポケットマニュアルを作成させた。実習終了後に、自作ポケットマニュアル導入の使用実態と使用後の効果を明らかにするため、学外実習に参加した37名の学生に対し質問紙調査を実施した。その結果、学外実習における改善の取り組みとして、学生に自作ポケットマニュアルを導入したことは、不安解消、実習時間外の学習効果、積極的な実習態度など一定の効果があったと考えられる。なお、使用頻度、マニュアル追加ページ数のばらつきなどから、実習開始前・実習中のコーチング時の指導の改善により、学生のモチベーションの向上を図ることが今後の課題である。