(最終更新日:2021-09-16 16:20:58)
  ワタナベ タカシ
  渡邉 昂
   所属   川崎医科大学  医学部 基礎医学 病態代謝学
   職種   助教
■ 現在の専門分野
生化学, 応用生物化学, 代謝・内分泌 (キーワード:スフィンゴ脂質代謝、糖脂質代謝) 
■ 著書
1. 2019/06/01 部分執筆  「セラミド研究の新展開」 
■ 学術雑誌
1. 2021/07/05 原著 C4-monomethylsterol β-glucoside and its synthase in Aurantiochytrium limacinum mh0186 
2. 2021/04/06 原著 Reduction in miR-219 expression underlies cellular pathogenesis of oligodendrocytes in a mouse model of Krabbe disease 
3. 2019/01/30 原著 The glycerol-3-phosphate acyltransferase PLAT2 functions in the generation of DHA-rich glycerolipids in Aurantiochytrium limacinum F26-b. 
4. 2017/12 原著 Regulation of triacylglycerol accumulation and lipid droplet morphology by the novel thraustochytrid-specific lipid droplet protein 1 (TLDP1) in Aurantiochytrium limacinum F26-b. 
5. 2015/11 原著 The effects of chemically synthesized saposin C on glucosylceramide-β-glucosidase 
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2021/09/10 クラッベ病の神経病態は「サイコシン仮説」だけでは説明できない (口頭発表,一般) 
2. 2021/06/09 病原性真菌類の免疫賦活化糖脂質およびその代謝酵素の同定と阻害剤の探索 (口頭発表,一般) 
3. 2019/08/26 POSSIBLE FUNCTIONS OF EGCRP2 IN CRYPTOCOCCUS NEOFORMANS TO ESCAPE HOST IMMUNE SYSTEM (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 
4. 2019/08/20 病原性真菌Cryptococcus neoformansのGlcCer の品質管理の生理的意義 (ポスター,一般) 
5. 2019/07/04 病原性真菌Aspergillus fumigatusのエルゴステリル-β-グルコシド分解酵素(AfEGCrP2)の生理機能の解析 (口頭発表,一般) 
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 2010~ 日本生化学会
2. 2012~ 日本脂質生化学会
3. 2013~ 日本糖質学会
4. 2016~ 日本農芸化学会
5. 2017~ セラミド研究会
■ 受賞学術賞
1. 2014/06 55th International Conference on the Biosciences of Lipids 優秀ポスター賞
2. 2014/10 第87回日本生化学会大会 若手優秀発表賞
3. 2017/07 日本糖質学会 ポスター賞