(最終更新日:2021-09-15 12:48:27)
  ミハラ マサヒト
  三原 雅史
   所属   川崎医科大学  医学部 臨床医学 神経内科学
   職種   教授
■ 現在の専門分野
神経内科学, リハビリテーション科学 (キーワード:姿勢制御、歩行制御、神経変性疾患、Brain-Machine Interface、 脳卒中、 可塑性、脳機能イメージング、近赤外分光法、リハビリテーション、フィードバック、 ニューロフィードバック) 
■ 著書
1. 2021/06/30 その他  運動には家族やヘルパーさんの力も頼りになります「患者・家族・医療者をつなぐパーキンソン病情報誌 『とりぷる』合本」 
■ 学術雑誌
1. 2021/05/25 原著 Effect of Neurofeedback Facilitation on Post-stroke Gait and Balance Recovery: A Randomized Controlled Trial. 
2. 2021/05/18 原著 Association of the Yips and Musculoskeletal Problems in Highly Skilled Golfers  Link
3. 2021/03/01 その他 パーキンソン病での運動療法の実際、その他生活指導 
4. 2021/02/01 その他 パーキンソン病での運動療法のエビデンス 
5. 2021/01/26 原著 Optical brain imaging and its application to neurofeedback 
全件表示(13件)
■ 学会発表
1. 2021/05/21 Clinical and imaging features of face pareidolia in Parkinson's disease (ポスター) 
2. 2021/05/21 fNIRSを用いたニューロフィードバック~歩行バランス障害への応用~ (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 
3. 2020/11/26 もの忘れ外来患者におけるMDS-PSP criteriaを用いた臨床診断の難しさ (ポスター,一般) 
4. 2020/11/22 Parkinson病に対するVRリハビリテーションの可能性 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 
5. 2020/11/21 姿勢歩行制御における認知処理プロセスの関与~リハビリテーションへの応用~ (口頭発表,特別・招待講演等) 
全件表示(55件)