(最終更新日:2019-11-19 12:42:10)
  ハタ ジロウ
  畠 二郎
   所属   川崎医科大学  医学部 臨床医学 検査診断学(内視鏡・超音波)
   職種   教授
■ 著書
1. 2019/08 部分執筆  3.消化管の検査法
消化管の超音波検査「内科学書 改訂第9版」 
2. 2019/08 部分執筆  第4章 POC腹部エコー「Point-of-Care超音波研究会認定
領域横断チョイあてエコー活用術」 
3. 2018/11 部分執筆  第X章 病態・症候別活用
5 急性腹症「救急超音波テキスト
−point of careとしての実践的活用法」 
4. 2018/09 部分執筆  第Ⅵ章
急性胆嚢炎の診断基準と重症度判定基準「-TG18新基準掲載-
急性胆管炎・胆嚢炎診療ガイドライン2018 第3版」 
5. 2018/04 部分執筆  Ⅴ.炎症性腸疾患の検査・診断
4.炎症性腸疾患の画像診断
(7)体外式超音波検査「炎症性腸疾患(第2版) ―病因解明と診断・治療の最新知見―」 
全件表示(69件)
■ 学術雑誌
1. 2019/09 総説 Ⅲ.機器を用いた評価
超音波を用いた嚥下機能評価 
2. 2019/08 その他 i can see it !─i seriesで見えるもの─ 
3. 2019/07 原著 腹部超音波検診の臨床的有用性についての検討
-領域別の要精検率および治療開始率からみた検討- 
4. 2019/03 原著 Usefulness of ultrasonographic evaluation of stool and/or gas distribution for the treatment strategy of chronic constipation 
5. 2019/01 原著 腹部領域のPOCUS:急性腹症における5W1H 
全件表示(599件)
■ 学会発表
1. 2019/08/24 混合型IPMNの手術において切離部位の決定に術中造影超音波が有用であった2例の検討 (ポスター,一般) 
2. 2019/08/24 膵手術におけるSuperb microvascular imaging(SMI)を用いた超高周波エコープローベ(8.8~22MHz)の有用性 (ポスター,一般) 
3. 2019/07/18 膵手術における高周波エコープローベ(22MH)を用いたSuperb microvascular imaging(SMI)の有用性 (ポスター,一般) 
4. 2019/06/08 USスクリーニング検査と診療US境界 (口頭発表) 
5. 2019/06/01 How to perform gastrointestinal ultrasound (口頭発表)