(最終更新日:2019-12-06 09:55:13)
  ササキ タマキ   Tamaki Sasaki
  佐々木 環
   所属   川崎医科大学  医学部 臨床医学 腎臓・高血圧内科学
   職種   教授
■ 現在の専門分野
腎臓内科学 (キーワード:腎臓内科学、リウマチ学) 
■ 著書
1. 2018/11 部分執筆  DPP-4阻害薬Linagliptinは血糖非依存性の抗酸化作用によりアルブミン尿を減少させる「腎とフリーラジカル第13集」 
2. 2018/11 部分執筆  Xanthine oxidase阻害薬の糖尿病性腎症の病態形成における効果「腎とフリーラジカル第13集」 
3. 2018/06 部分執筆  低ナトリウム血症はどう補正したらよいですか?「いまさら訊けない!がん支持療法Q&A」 
4. 2018/01 部分執筆  利尿薬「Pocket Drugs 2018」 
5. 2017/01 部分執筆  Clearance Gap: Does It Really Matter for the Evaluation of Vascular Access Function?, Scientific Aspects of Dialysis Therapy (in Contributions to Nephrology)  Link
全件表示(58件)
■ 学術雑誌
1. 2019/08 原著 Bardoxolone methyl analog attenuates proteinuria-induced tubular damage by modulating mitochondrial function.  Link
2. 2019/07 原著 Evaluation of Glomerular Hemodynamic Function by Empagliflozin in Diabetic Mice Using In Vivo Imaging.  Link
3. 2019/01 原著 5-Aminolevulinic acid exerts renoprotective effect via Nrf2 activation in murine rhabdomyolysis-induced acute kidney injury. 
4. 2018/10 原著 The eNOS-NO pathway attenuates kidney dysfunction via suppression of inflammasome activation in aldosterone-induced renal injury model mice.  Link
5. 2018/07 原著 臨床現場におけるクレアチニンとシスタチンCから算出した推算GFRの乖離 
全件表示(298件)
■ 学会発表
1. 2019/10/19 10年以上経過しAPS腎症を発症したSLE+シェーグレン症候群の1例 (口頭発表,一般) 
2. 2019/10/19 テリパラチドにより高Ca血症が顕在化し急速に腎障害が進行した多発性骨髄腫の一例 (ポスター,一般) 
3. 2019/10/19 抗PLA2R抗体によって特発性膜性腎症と診断した先天性右低形成腎の1例 (口頭発表,一般) 
4. 2019/10/19 糖尿病性腎臓病の新規治療薬―SGLT2阻害薬の腎保護作用を考察する― (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 
5. 2019/09/14 内皮eVOS/NO/PKG経路はWnt/βcatenin活性化を負に制御し、M1/M2マクロファージ分化誘導を介して、AKI to CKD transitonに関与する (口頭発表,一般) 
全件表示(958件)
■ 所属学会
1. 欧州腎臓透析移植学会(EDTA)
2. 日本リウマチ学会
3. 日本組織細胞化学会
4. 米国内科学会(ACP)
5. 2002/04~ 欧州腎臓透析移植学会
全件表示(27件)
■ 受賞学術賞
1. 1999 第8回パクスターPD基金
2. 2001 熊野堂
3. 2004 第15回日本急性血液浄化学会学術集会  Best Presentation Award
4. 2005 第11回分子腎臓研究会 研究奨励賞