川崎医科大学 教員情報   
   TOPページ   


  ワタナベ ヨウコ   Yoko Watanabe
  渡辺 洋子
   所属   川崎医科大学  医学部 一般教養 自然科学
   職種   講師
■ 現在の専門分野
機能生物化学 
■ 著書
1. 部分執筆  血液中酸化ストレス度におよぼす酸化ストレス関連遺伝子多型と食事習慣の影響「DNA多型」 2015/07
2. 部分執筆  血液中酸化ストレス度と酸化ストレス関連遺伝子多型および日常生活状況との関連「DNA多型」 2014/07
3. 部分執筆  ストレス関連遺伝子多型の表現型と適切な職場支援の関連「DNA多型」 2013/05
4. 部分執筆  脱共役蛋白質(UCP)1遺伝子多型と日常生活習慣の関連「DNA多型」 2012/05
5. 部分執筆  マウス尿中8-OHdGに及ぼす拘束ストレス下における覚醒剤の影響とグルココルチコイドレセプター(GR)多型の関与「DNA多型」 2011/05
全件表示(12件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Association between serotonin transporter gene polymorphisms and depressed mood caused by job stress in Japanese workers. 2008/04
2. 原著  Effect of vitamin K2 on the development of stress-induced osteopenia in a growing senescence-accelerated mouse prone 6 strain 2015/09
3. 原著  血液中酸化ストレス度におよぼす酸化ストレス関連遺伝子多型と食事習慣の影響(原著論文) 2015/07
4. 原著  血液中酸化ストレス度と酸化ストレス関連遺伝子多型および日常生活状況との関連 2014/07
5. 原著  Does methamphetamine affect bone metabolism? 2014/05
全件表示(32件)
■ 学会発表
1. 某病院勤務者における高ストレス背景因子の検討 (ポスター,一般) 2017/05/11
2. 職場ストレスに及ぼすストレス関連遺伝子多型と職場支援の影響 (ポスター,一般) 2015/05/14
3. 長期ストレスがマウス骨格筋に及ぼす影響 (ポスター,一般) 2015/03/27
4. 血液中酸化ストレス度におよぼす酸化ストレス関連遺伝子多型と食事習慣の影響 (ポスター,一般) 2014/11/28
5. 酸化ストレス関連遺伝子多型と酸化ストレス度および職場ストレスとの関連 (ポスター,一般) 2014/05/24
全件表示(41件)
■ 所属学会
1. 1997/04~ 日本生化学会
2. 2004/04~ 日本DNA 多型学会