(最終更新日:2019-11-12 19:12:54)
  ウラカミ アツシ   Atsushi Urakami
  浦上 淳
   所属   川崎医科大学  医学部 臨床医学 総合外科学
   職種   特任教授
■ 現在の専門分野
外科学一般, 消化器外科学 (キーワード:膵臓、肝臓、胆道) 
■ 著書
1. 2018/06 部分執筆  緊急処置を要する腹部救急疾患の画像診断と治療「外科」 
2. 2014/10 部分執筆  Ⅳ 治療、2 手術手技、鼠径ヘルニア手術「消化器病診療 第2版」 
3. 2013/10 編集・監修  「メディカルイラストレーション [ベーシック]」 
4. 2006/01 部分執筆  胆嚢癌,胆管癌「今日の治療指針 2006年版」 
5. 2004 部分執筆  A.胆道系—臨床— 6.黄色肉芽腫性胆嚢炎(xanthogranulomatous cholecystitis)の臨床検査所見, および胆嚢癌との鑑別診断.「胆と膵」 
■ 学術雑誌
1. 2018/10 症例報告 Descending necrotizing mediastinitis in a healthy young adult. 
2. 2017/04 症例報告 False-Positive Cases of Fluorodeoxyglucose-Positron Emission Tomography/Computed Tomographic Scans in Metastasis of Esophageal Cancer 
3. 2017/02 症例報告 A Case of Cholesterol Crystal Embolization with Hemorrhagic Imntestinal Ulcer 
4. 2017/02 症例報告 Evaluation of intra-ductal cancer spread using contrast superb micro-vascular imaging(SMI)-a case report- 
5. 2016/12 その他 解体新書に描かれた図譜の現代解釈 肝胆膵編 
全件表示(100件)
■ 学会発表
1. 2018/11/24 塩酸セベラマーが原因と考えられた小腸穿通の1例 (一般) 
2. 2018/11/24 当院における慢性膵炎に対する外科的治療5例の検討 (一般) 
3. 2018/11/24 当院にて経験した膵頭十二指腸切除術後の吻合部潰瘍穿孔の2治療例 (一般) 
4. 2018/11/24 汎発性腹膜炎をきたした小腸憩室穿孔症例の検討 (口頭発表,一般) 
5. 2018/11/22 出血を伴った後腹膜脂肪肉腫の1例 (一般) 
全件表示(774件)
■ 所属学会
1. 2002/04~ Intrnational Hepato Pancreato Biliary Association
2. 2002/04~ Society of American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons
3. 2002/04~ 日本外科学会
4. 2002/04~ 日本肝胆膵外科学会
5. 2002/04~ ∟ 評議員
全件表示(18件)