川崎医科大学 教員情報   
   TOPページ   


  サトウ ミノル   Minoru Sato
  佐藤 稔
   所属   川崎医科大学  医学部 臨床医学 腎臓・高血圧内科学
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
腎臓内科学, 循環器内科学, 分子生物学, 医療系薬学 (キーワード:慢性腎不全、高血圧、加齢) 
■ 著書
1. 部分執筆  バイオイメージング「Annual Reveiew 腎臓」 2011/01
2. 部分執筆  加齢に伴う腎機能障害機序におけるミトコンドリア機能の解明「生物学に関する試験論叢」 2010/09
3. 部分執筆  糸球体内グライコカリックスと活性酸素のアルブミン尿出現への影響「腎とフリーラジカル 第10集」 2010/06
4. 部分執筆  慢性腎臓病はなぜ心血管病の危険因子なのか:炎症、酸化ストレス、内皮機能障害「慢性腎臓病CKD 病態理解に基づいた予防と治療のあり方」 2009/10
■ 学術雑誌
1. 原著  The eNOS-NO pathway attenuates kidney dysfunction via suppression of inflammasome activation in aldosterone-induced renal injury model mice. 2018/10
2. 総説  女性ホルモンと腎臓病 2018/08
3. 原著  マウス横紋筋融解症誘発性急性腎障害モデルにおけるNrf2活性化の意義の検討 2017/12
4. その他  腎障害進展予防と腎代替療法へのスムーズな移行 CKDステージG3b~5診療ガイドライン 2017(2015追補版) 2017/12
5. 原著  腸内細菌の重要性 2017/11
全件表示(165件)
■ 学会発表
1. In vivo imagingを用いたSGLT2阻害薬Empagliflozinによる糸球体循環動態制御機構の解明 (口頭発表,一般) 2018/12/02
2. 急性腎障害(AKI)を併発したレジオネラ肺炎の1例 (口頭発表,一般) 2018/11/17
3. Endothelial Dysfunction Exacerbates Renal Tubular Cell Injury Through Inflammasome Activation in a Hypertensive Mouse Model (ポスター,一般) 2018/10/25
4. Nrf2 Activator, RTAdh404, Attenuates Tubular Injury via Eliminating Mitochondrial ROS in Proteinuria Induced Renal Failure Mice (ポスター,一般) 2018/10/25
5. Uremic Toxin Decreases Intestinal Defense Peptides and Barrier Functions in Chronic Renal Failure Mice (ポスター,一般) 2018/10/25
全件表示(618件)
■ 所属学会
1. 1993/06~ 日本内科学会
2. 1993/06~ 日本腎臓学会
3. 2012/04 ∟ 学術評議員
4. 1995/05~ 日本糖尿病学会
5. 1996/06~ 日本透析医学会
全件表示(21件)
■ 受賞学術賞
1. 1999/04 和気清麻呂賞
2. 2001/06 岡山医学会賞 砂田賞
3. 2005/10 アメリカ心臓病学会若手研究者賞 Finalist
4. 2007/09 分子腎臓研究会研究奨励賞
5. 2007/11 CKD Award 2007ポスター発表奨励賞
全件表示(10件)