川崎医科大学 教員情報   
   TOPページ   


  ミヤザキ テツジ   
  宮崎 哲治
   所属   川崎医科大学  医学部 臨床医学 精神科学
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  双極性障害のアセスメント「認知行動療法事典」 2019/08
2. 部分執筆  「大人の発達障害を診るということ 診断や対応に迷う症例から考える」 2015/06
3. 部分執筆  児童・青年期の不安障害「今日の精神疾患治療指針」 2012/02
■ 学術雑誌
1. 原著  Long-term outcome of CBT in adults with OCD and comorbid ASD: A naturalistic follow-up study 2018/09
2. その他  前頭葉症状で発症し、血清抗N末端α-enolase抗体(抗NAE抗体)陽性であり橋本脳症と診断した1例 2018/04
3. 症例報告  認知行動療法と薬剤調整を連携させることにより回復に至った特定の恐怖症(HIV感染恐怖)を伴う遷延したうつ病の一例 2017/09
4. 症例報告  双極Ⅱ型障害の大うつ病エピソードに対して行動活性化が著効し復職に至った1例 2016/05
5. 原著  広汎性発達障害傾向を基盤に持つ強迫性障害における行動療法と森田療法の比較 2014/03
全件表示(18件)
■ 学会発表
1. うつ様モデルマウスにおけるリアノジン受容体の関与 (ポスター,一般) 2018/03/30
2. 前頭葉症状で発症し、血清抗N末端α-enlase抗体(抗NAE抗体)陽性であり橋本脳症と診断した1例 (口頭発表,一般) 2017/11/24
3. 当初、解離性健忘と思われた両側側頭葉腫瘍の1例 (口頭発表,一般) 2017/11/24
4. 意識障害のため救命救急センター入院後に高Na血症を来し、リチウムによる腎性尿崩症と診断された双極性障害の一例 (口頭発表,一般) 2017/11/23
5. 自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠如・多動症(AD/HD)に合併した強迫性緩慢に対し、ブロナンセリン単剤が有効であった中学生の1例 (口頭発表,一般) 2017/11/02
全件表示(36件)
■ 所属学会
1. 2004~ 日本精神神経学会
2. 2005~ 日本認知療法学会
3. 2005~ 日本認知・行動療法学会
4. 2014/04~2014/11 ∟ 日本認知・行動療法学会第40回大会組織委員
5. 2014/04~2016/05 ∟ 企画委員
全件表示(11件)