(最終更新日:2020-07-07 12:25:53)
  カワナカ ミワ
  川中 美和
   所属   川崎医科大学  医学部 臨床医学 総合内科学2
   職種   准教授
■ 著書
1. 2016/11 部分執筆  【胆膵内視鏡自由自在~基本手技を学び応用力をつける集中講座~】 ERCP関連手技編 胆管選択的カニュレーション Precutの種類と使い分け「胆と膵」 
2. 2016/10 部分執筆  特集:Interventional EUSのすべて 「EUSガイド下胆道ドレナージ術」「消化器内視鏡」 
3. 2016/03 部分執筆  非アルコール性脂肪性肝疾患におけるWFA+M2BPの検討「酸化ストレスと肝疾患」 
4. 2016/01 部分執筆  バイオマーカーによるNASH診断「Mebio 特集:NASHを知る!診る!」 
5. 2014/09 部分執筆  NASHの予後 -病理組織を中心に-「最新醫學」 
全件表示(12件)
■ 学術雑誌
1. 2020/05 原著 NAFLD/NASH 肝がんの診断と治療 -基礎研究から臨床応用へ- 肝がん進展抑制のための医療連携の必要性と課題 
2. 2020/03/25 総説 ERCP関連治療における偶発症予防とトラブルシューティング 内視鏡的胆管ステント留置術(金属ステント)-うまくいかないとき- 
3. 2020/02/20 症例報告 症例から学ぶ上部消化器疾患 ヘリコバクターピロリ陰性、非薬剤性胃潰瘍の1例 
4. 2019/10/15 総説 【胆管金属ステントの種類と使い分け】 Knitted type uncovered sten 
5. 2019/10 原著 High Prevalence of Autoimmune Gastritis in Patients with Nonalcoholic Steatohepatitis 
全件表示(96件)
■ 学会発表
1. 2020/06/28 初回治療での電気水圧衝撃波結石破砕術(EHL)の有用性と安全性の検討 (シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 
2. 2020/06/13 閉経後に急速に肝線維化が進展し、肝硬変までの経過が肝組織学的に追えた3症例の検討 (口頭発表,一般) 
3. 2020/06/13 膵石の嵌頓により発症したと考えられた急性胆管炎の2例 (口頭発表,一般) 
4. 2020/05/21 NASH診断バイオマーカーとしてのミトコンドリアフェリチン (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 
5. 2020/02/15 「NAFLDにおけるBranched chain amino acid(BCAA)および経時的変化は肝組織の脂肪化やアディポネクチンの変化と関連する」 (口頭発表,一般) 
全件表示(258件)
■ 所属学会
1. 1994/04~ 日本肝臓学会
2. 2002/01~ ∟ 専門医
3. 2010/04~ ∟ 指導医
4. 2018/04~ ∟ 評議員
5. 1994/04~ 日本消化器内視鏡学会
全件表示(20件)
■ 受賞学術賞
1. 2013/08 川崎医学会論文賞
2. 2013/11 Cytokeratin 18(CK-18)はNASH/NAFLDの 肝組織学的変化を反映する
3. 2013/11 Usefulness of monitoring serum cytokeratin-18 levels for evaluating long term prognosis is patients
4. 2019/12 岡山県医師会 天晴ジョイボスアワード大賞 (天晴ジョイボスアワード大賞)