川崎医科大学 教員情報   
   TOPページ   


  ヤマウチ アキラ   
  山内 明
   所属   川崎医科大学  医学部 基礎医学 生化学
   職種   教授
■ 現在の専門分野
医化学一般, 免疫学, 病態医化学, 消化器外科学, 膠原病・アレルギー・感染症内科学 (キーワード:生体防御医学、NADPHオキシダーゼ、細胞走化性、細胞機能可視化、癌転移) 
■ 著書
1. 部分執筆  第6章 細胞動態の可視化による機能評価 : TAXIScan法の応用「生物機能実験法」 2013/01
2. 部分執筆  遊走「免疫の事典」 2011/12
3. 部分執筆  Functions of the phagocyte NADPH oxidase and Chronic Granulomatous Disease., Neutrophils: Lifespan, Functions and Roles in Disease. 2010
4. 部分執筆  遊走活性測定の意義「生体防御医学事典」 2007/05
5. 部分執筆  ケモカイン―癌の浸潤・転移制御を担う新たな分子群「別冊「医学のあゆみ」 消化器疾患 state of arts I. 消化管(食道・胃・腸) Ver.3」 2006/04
■ 学術雑誌
1. 原著  Upregulation of Mobility in Pancreatic Cancer Cells by Secreted S100A11 Through Activation of Surrounding Fibroblasts. 2019/08
2. 原著  Critical role of the MCAM-ETV4 axis triggered by extracellular S100A8/A9 in breast cancer aggressiveness. 2019/07
3. 原著  Melanoma cell adhesion molecule is the driving force behind the dissemination of melanoma upon S100A8/A9 binding in the original skin lesion. 2019/06
4. 原著  Neuroplastin-b mediates S100A8/A9-induced lung cancer disseminative progression. 2019/06
5. 原著  Dipeptidyl Peptidase 4 Inhibitors Reduce Hepatocellular Carcinoma by Activating Lymphocyte Chemotaxis in Mice. 2019/01
全件表示(51件)
■ 学会発表
1. Chemotaxis of human peripheral regulatory T cells is inhibited by LEM (ポスター,一般) 2019/12/11
2. 高尿酸血症の免疫機能への影響:尿酸は敵か味方か? (口頭発表,一般) 2019/09/20
3. 何が最初に癌転移を惹起しているのかを解明する (ポスター,一般) 2019/08/03
4. Comparing effects of small molecular weight compounds on proliferation and chemotaxis of pancreatic cancer cells (ポスター,一般) 2019/04/01
5. 細胞動態を制御する新しい抗腫瘍薬. (口頭発表) 2019/02/15
全件表示(80件)
■ 所属学会
1. 1997~ 日本分子生物学会
2. 1997~ 日本生化学会
3. 1997~ 日本細菌学会
4. 2003~ 日本免疫学会
5. 2003~ 日本生体防御学会
全件表示(14件)
■ 受賞学術賞
1. 2012/08 川崎医科大学学術集会優秀ポスター発表賞
■ 取得特許
1. 2018/03/26 新規抗腫瘍剤(特願2018-059074)
2. 2009/07/16 成熟肝細胞様細胞の製造方法(特開2009-153383(P2009-153383A))
3. 2006/09/28 細胞観察支援器具(WO2006/101051)