(最終更新日:2019-11-16 14:56:12)
  ナイトウ タダスケ
  内藤 忠相
   所属   川崎医科大学  医学部 基礎医学 微生物学
   職種   講師
■ 現在の専門分野
ウイルス学, 分子生物学, 進化生物学, 疫学・予防医学 (キーワード:インフルエンザウイルス, HTLV-1) 
■ 著書
1. 2011 部分執筆  酵母を宿主とするインフルエンザウイルスレプリコン系の開発「月刊・BIO INDUSTRY 6月号」 
2. 2010 部分執筆  「図書「目的別で選べるタンパク質発現プロトコール」」 
3. 2009 部分執筆  インフルエンザウイルスのゲノム複製に関与する宿主因子「医学のあゆみ7月18日号」 
4. 2009 部分執筆  インフルエンザウイルスRNAポリメラーゼの構造生物学「ウイルス6月号」 
5. 2009 部分執筆  宿主因子依存性インフルエンザウイルスゲノム複製機構「実験医学・増刊」 
全件表示(10件)
■ 学術雑誌
1. 2019 原著 Tyr82 Amino Acid Mutation in PB1 Polymerase Induces an Influenza Virus Mutator Phenotype  Link
2. 2018/11 原著 Distinct gene expression signatures induced by viral transactivators of different HTLV-1 subgroups that confer a different risk of HAM/TSP  Link
3. 2017 原著 Generation of a Genetically Stable High-Fidelity Influenza Vaccine Strain. 
4. 2017/12 原著 The CC chemokine ligand (CCL) 1, upregulated by the viral transactivator Tax, can be downregulated by minocycline: possible implications for long-term treatment of HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis.  Link
5. 2017/07 原著 Prevalence of plasma autoantibody against cancer testis antigen NY-ESO-1 in HTLV-1 infected individuals with different clinical status.  Link
全件表示(19件)
■ 学会発表
1. 2019/10/10 新規インフルエンザウイルスMutator株を用いた変異ウイルスライブラリー作出技術の開発 (口頭発表,一般) 
2. 2019/01/24 低忠実性ポリメラーゼ導入ウイルスが生み出すインフルエンザウイルスゲノムの不均質性 (口頭発表,一般) 
3. 2018/11/08 インフルエンザウイルスの未来流行株予測システムの開発 (口頭発表,一般) 
4. 2018/06/23 複製エラーが入りやすい低忠実性インフルエンザウイルス変異株の単離と性状解析 (口頭発表,一般) 
5. 2018/01/16 インフルエンザウイルスのゲノム複製忠実度を制御するポリメラーゼ機能部位の同定 (口頭発表,一般) 
全件表示(46件)
■ 所属学会
1. American Society for Microbiology
2. 日本HTLV-1学会
3. 日本ウイルス学会
4. 日本臨床ウイルス学会
■ 受賞学術賞
1. 2019/11 2019年度 公益財団法人 持田記念医学薬学振興財団 研究助成
2. 2019/09 2019年度 公益財団法人 両備檉園記念財団 研究助成
3. 2019/03 2018年度 一般財団法人 寺岡記念育英会 研究活動費助成
4. 2018/12 公益財団法人岡山医学振興会 平成30年度 公益財団法人 岡山医学振興会 研究助成金
5. 2017/11 公益財団法人 武田科学振興財団 2017年度医学系研究奨励
全件表示(15件)
■ 取得特許
1. 2007/06 酵母細胞を用いたインフルエンザウイルスゲノムの複製・転写系(2005-334549)