川崎医科大学 教員情報   
   TOPページ   


  クリバヤシ フトシ   Futoshi Kuribayashi
  栗林 太
   所属   川崎医科大学  医学部 基礎医学 生化学
   職種   教授
■ 現在の専門分野
細胞生物学, 医化学一般, 病態医化学, 細菌学(含真菌学), 免疫学, 代謝学 (キーワード:活性酸素、好中球、慢性肉芽腫症、NADPHオキシダーゼ) 
■ 学術雑誌
1. 原著  Human peripheral eosinophils have a specific mechanism to express gp91phox, the large subunit of cytochrome b558. 1995/04
2. 総説  Mutations in the X-linked and autosomal recessive forms of chronic granulomatous disease. 1996/06
3. 原著  The adaptor protein p40phox as a positive regulator of the superoxide-producing phagocyte oxidase. 2002/12
4. 原著  Protein phosphorylation directs PX domain from SH3 domain towards phosphoinositides. 2003/04
5. 原著  Involvement of p38 MAP kinase in not only activation of the phagocyte NADPH oxidase induced by formyl-methionyl-leucyl-phenylalanine but also determination of the extent of the activity. 2006/11
全件表示(43件)
■ 学会発表
1. 食細胞NADPHオキシダーゼの活性化におけるp38 MAPキナーゼの役割の解析. (ポスター,一般) 2005/12
2. ルシゲニン依存性の化学発光は好中球の接着に依存する. (口頭発表,一般) 2005/07
3. 慢性肉芽腫症で見られたnonsense-mediated altered splicingの解析. (口頭発表,一般) 2006/12
4. Gp91phox細胞内領域のin silico構築. (口頭発表,一般) 2006/07
5. gp91phox 結合性炎症制御型相補ペプチドの開発とその応用. (口頭発表,一般) 2007/12/14
全件表示(10件)
■ 所属学会
1. 1991/06~ 日本生化学会
2. 1991/10~ 日本細菌学会
3. 1995/08~ 日本分子生物学会
4. 2005/04~ 日本熱帯医学会
5. 2009/03~ 日本医学教育学会
全件表示(6件)