ヤマウチ アキラ
  山内 明
   所属   川崎医科大学  医学部 基礎医学 生化学
   職種   教授
論文種別 総説
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 産学連携知的財管理室― 2016年度活動報告
掲載誌名 正式名:川崎医学会誌 一般教養篇
ISSNコード:03865924
掲載区分国内
出版社 川崎医学会
巻・号・頁 43,13-28頁
著者・共著者 大槻剛巳、山内明、西村泰光、西山和成、本地直貴、青江智子、多田 美津惠、川西礼美
発行年月 2017/12
概要 2016年度川崎医科大学内に産学連携知的財産管理室が発足した。2014年度からINPIT(独立行政
法人工業所有権情報・研修館)のアドバイザー派遣事業により,広域大学知的財産アドバイザー(学
内としては参与)を2年間招聘することが可能となり,川崎学園の3大学と岡山県立大学ならびに
福山大学でネットワーク(NW)を形成した西日本医系大学知的財産管理NW事業が展開され,産学
連携知的財産管理の基盤整備が充実した。この発足は,2016年度からプロジェクト形成支援型NW
として新たに採択されたことを受けたものである。産学官連携と知的財産管理の全般を所掌すると
ともに,学内ではFD会の開催,BioJapanを中心とする学内研究シーズの紹介,川崎医科大学初の産
学連携を推進する展示会のKMSメディカル・アークの開催,シーズ集発刊,WEBの開設を実施し
た。さらに,東京医科歯科大学が主幹校となっている医学系産学連携ネットワーク協議会や,中国
地域産学官連携コンソーシアムに参画するとともに,岡山県内の産学官連携クラスターでの活動を
展開した。また,その他の産学官連携の組織団体の開催するセミナー等にも参加して情報収集に努
めた。2016年度の産学連携知的財産管理室の活動を報告し,今後の展開についても考案する。