ワタナベ セイヤ   Seiya Watanabe
  渡辺 聖也
   所属   川崎医科大学  医学部 臨床医学 骨・関節整形外科学
   職種   臨床助教8年
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 感染性脊椎炎に対するMISt(Minimally Invasive Spine Stabilization)
掲載誌名 正式名:Journal of Spine Research
ISSNコード:18847137/24351563
掲載区分国内
出版社 (一社)日本脊椎脊髄病学会
巻・号・頁 10(8),1228-1231頁
著者・共著者 渡辺聖也, 中西一夫, 内野和也, 射場英明, 長谷川徹
担当区分 筆頭著者,責任著者
発行年月 2019/08
概要 感染性脊椎炎の初期治療は保存療法であるが、患者は基礎疾患を有する高齢者であることが多く、長期臥床による治療が困難なことが少なくない。われわれはそのような患者に対して低侵襲を目的に経皮的な椎弓根クリューを用いたMISt(最小侵襲脊椎安定術)を用いて手術を行い、早期離床を可能としている。MIStは難治性の感染性脊椎炎に対して有用な治療法の一つである。(著者抄録)
文献番号 2019393120