(最終更新日:2024-05-23 13:24:10)
  イタノ セイジ   Seiji Itano
  板野 精之
   所属   川崎医科大学  医学部 臨床医学 腎臓・高血圧内科学
   職種   講師
■ 現在の専門分野
腎臓内科学 
■ 著書
1. 2019/03 部分執筆  MRAは糖尿病性腎症のタンパク尿に対する効果があると聞きました.そのエビデンスと機序を教えて下さい.「心臓を守る! ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬 MRAの実力をQ&Aで解き明かす」 
2. 2018/11 部分執筆  75歳以上の高齢CKDステージG3b〜5患者のRA系阻害薬の使用法を教えて下さい。「腎臓専門医のためのCKD診療Q&A」 
3. 2018/11 部分執筆  Xanthine oxidase阻害薬の糖尿病性腎症の病態形成における効果「腎とフリーラジカル第13集」 
■ 学術雑誌
1. 2023/07/19 原著 eGFR slope as a surrogate endpoint for clinical study in early stage of chronic kidney disease: from The Japan Chronic Kidney Disease Database  Link
2. 2020/11/03 原著 Association of Arterial Stiffness With Kidney Function Among Adults Without Chronic Kidney Disease.  Link
3. 2020/11/01 原著 Non-purine selective xanthine oxidase inhibitor ameliorates glomerular endothelial injury in InsAkita diabetic mice.  Link
4. 2017/06 原著 Colchicine attenuates renal fibrosis in a murine unilateral ureteral obstruction model.  Link
5. 2013/03 原著 長期にわたるCrohn病の経過中に薬剤性肉芽腫性間質性腎炎を呈した1例 
全件表示(41件)
■ 学会発表
1. 2023/10/14 ダブラフェニブ及びトラメチニブ投与終了後に腎機能障害を来たし、腎生検にて肉芽腫性間質性腎炎を診断した一例 (口頭,一般) 
2. 2023/10/07 エドキサパンの投与開始から4か月の経過で発症した抗凝固薬関連腎症の1例 (口頭,一般) 
3. 2023/10/07 ダブラフェニブ及びトラメチニブ投与終了後に腎機能障害を来たし、腎生検にて肉芽腫性間質性腎炎を認めた一例 (口頭,一般) 
4. 2023/06/16 酢酸アレルギーによる透析困難症を呈した血液透析患者の1例 (口頭,一般) 
5. 2023/04/08 エドキサパンの投与開始から4か月の経過で発症した抗凝固薬関連腎症の1例 (口頭,一般) 
全件表示(182件)