(最終更新日:2021-01-19 10:56:09)
  タキガワ ナギオ
  瀧川 奈義夫
   所属   川崎医科大学  医学部 臨床医学 総合内科学4
   職種   教授
■ 現在の専門分野
呼吸器内科学, 分子生物学, 内科学一般 (キーワード:薬剤耐性、分子標的治療、癌化学療法、免疫療法) 
■ 著書
1. 2018/04 部分執筆  ≪第VIII章 高齢者のがん診療~実地医家の視点から~≫1.肺がん「臨床雑誌 内科」 
2. 2017/11 部分執筆  肺がんの分子診断「診断と治療11」 
3. 2016/12 編集・監修  「速習!肺がん免疫療法-基本理解と適切使用のために-」 
4. 2015/10 部分執筆  EBM がん化学療法・分子標的治療法「Ⅲ期非小細胞肺がんに対する術前化学療法は標準治療のひとつと考えられるか?」 
5. 2015/08 部分執筆  Cancer Stem Cells and Chemoresistance, Stem Cells in Modeling Human Genetic Diseases 
全件表示(16件)
■ 学術雑誌
1. 2020/11/28 原著 高齢者非小細胞肺がんに対して、免疫チェックポイント阻害薬の治療は推奨されるか? 
2. 2020/07 原著 Do Elderly Lung Cancer Patients Aged ≥75 Years Benefit from Immune Checkpoint Inhibitors?  Link
3. 2020/05 その他 新型コロナウイルスと気管支鏡 
4. 2020/04/09 症例報告 Successful Treatment of Non-small-cell Lung Cancer with Atezolizumab following Tubulointerstitial Nephritis due to Pembrolizumab.  Link
5. 2020/01 原著 Targeting ROR1 in combination with pemetrexed in malignant mesothelioma cells.  Link
全件表示(222件)
■ 学会発表
1. 2020/11/21 PembrolizumabによるACTH単独欠損症の2例  
2. 2020/11/21 ステロイド治療の代替薬としてメトトレキサートが有効であったサルコイドーシスの2症例  
3. 2020/11/21 縦隔リンパ節転移病変を介した気管・上大静脈瘻形成により大量喀血を来した原発性肺癌の一例  
4. 2020/11/14 75歳以上の進行非小細胞肺癌に対して免疫チェックポイント阻害薬は有用か? (口頭発表,一般) 
5. 2020/11/13 Pemetrexed耐性による新たな第3世代EGFR-TKI耐性機序とその克服 (口頭発表,一般) 
全件表示(319件)