(最終更新日:2021-05-20 10:34:05)
  クマガイ タダカズ   Kumagai Tadakazu
  熊谷 忠和
   所属   川崎医療福祉大学  医療福祉学部 医療福祉学科
   職種   特任教授
■ 現在の専門分野
社会福祉学 (キーワード:ソーシャルワーク、ライフストーリー) 
■ 著書
1. 2020/04/22 編集・監修  「社会福祉士国家試験のためのレビューブック2021」 
2. 2016/04 編集・監修  第1章 マルチシステミック・アプローチとは「多面的視点からのソーシャルワークを考える-研究と実践をつなぐ新たな整理-」 
3. 2016/04 翻訳  第4章 強制的に来させられた人への援助
第8章 政策立案実践「ソーシャルワークの方法とスキル―実践の本質的基盤―」 
4. 2015/01 部分執筆  第5章 保健医療サービスにおける専門職の役割と実際「改訂版 保健医療サービス」 
5. 2013/03 翻訳  第3章 地域特性の確定「英国の貧困児童家庭の福祉政策“Sure Start”の実践と評価」 
全件表示(9件)
■ 学術雑誌
1. 2011 原著 当事者の視点に立ったソーシャルワーク援助に関する試論―ハンセン病当事者のライフストーリーからの学びを通して― 
2. 2011/11 原著 ハンセン当事者のライフストーリーからソーシャルワークの視点を考える 
3. 2012 原著 生きていることの有意味感を見据えたソーシャルワーク援助の枠組みについての考察 
4. 2012 原著 WAVE:Working with Adults who are Vulnerable-A comparison of Curricula,Policies and Constructions. 
5. 2018/12 原著 生きていることの有意味感を見据えたソーシャルワーク枠組みの検証 
全件表示(16件)
■ 学会発表
1. 2018/01 知的障害者の老いの意識に関する研究―質問紙調査による知的障害者と健常者の比較― (口頭発表,一般) 
2. 2017/09/09 「つなぐ」を再考する―ソーシャルワークの実践と研究から- (口頭発表,一般) 
3. 2015/01/26 介護支援専門員の職業意識形成に関する研究―ベテラン介護支援専門員の聞き取りから― (口頭発表,一般) 
4. 2013/05/19 生きていることの有意味感―ハンセン病当事者のライフストーリー分析から― (口頭発表,一般) 
5. 2012/10 学生が持つ価値観と進路選択 (口頭発表,一般) 
全件表示(10件)
■ 所属学会
1. 2010/10~ 日本ソーシャルワーク学会
2. 2010/10~ 日本社会福祉学会
3. 2011/02~ 日本医療社会福祉学会