(最終更新日:2022-08-05 14:42:50)
  ムラカミ タツフミ
  村上 龍文
   所属   川崎医療福祉大学  リハビリテーション学部 視能療法学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
神経科学一般, 分子生物学, 神経内科学 (キーワード:神経内科学、分子生物学、神経化学) 
■ 著書
1. 2022/07/01 部分執筆  TTR E61Kアミロイドニューロパチーの臨床症状と神経障害機序の研究「Peripheral Nerve 末梢神経」 
2. 2020/03 部分執筆  脊髄空洞症「新臨床内科学 第10版」 
3. 2019/03 翻訳  4章:神経解剖と神経学の関係, 22章:脳の画像, 23章:電気診断検査, 24章:脳脊髄液検査, 25章:症例の検討, 付録A~C, 全章の症例・臨床実例・臨床との関連「ワックスマン 脳神経解剖学 -臨床に役立つ-」 
4. 2018/02 部分執筆  遺伝性末梢神経障害 遺伝性末梢神経障害を疑うポイントは何でしょうか?「神経内科Clinical Questions & Pearls
末梢神経障害」 
■ 学術雑誌
1. 2021/02/25 総説 Recent Advances in Biomarkers and Regenerative Medicine for
Diabetic Neuropathy 
2. 2019/11 原著 Schwann Cell and the Pathogenesis of Charcot-Marie-Tooth Disease. 
3. 2019/11 原著 Transthyretin Amyloid Neuropathy: The Schwann Cell Hypothesis. 
4. 2019 原著 A multicenter retrospective study of charcot-marie-tooth disease type 4B (CMT4B) associated with mutations in myotubularin-related proteins (MTMRs). 
5. 2017/10 原著 Clinical and pathological findings in familial amyloid polyneuropathy caused by a transthyretin E61K mutation. 
全件表示(20件)
■ 学会発表
1. 2021/09/10 TTR アミロイドニューロパチーの初期病変は後根神経節か?:MRIでの検討 (口頭発表,一般) 
2. 2019/06/29 激しい運動後の筋肉痛と高 CK 血症で発見された16歳男性の糖原病Ⅸ d (口頭発表,一般) 
3. 2019/06/01 呼吸不全を伴う急速進行性の運動感覚ニューロパチーを呈した傍腫瘍症候群の1例 (口頭発表,一般) 
4. 2019/05/25 Amyloidogenicity of E61K TTR associated with TTR amyloid neuropathy. (ポスター,一般) 
5. 2019/05/25 慢性経過で変性疾患との鑑別が困難であった橋本脳症の2例 (ポスター,一般) 
全件表示(16件)
■ 所属学会
1. 1983/07~ 日本内科学会
2. 1983/08~ 日本神経学会
3. 2002/05 ∟ 評議員
4. 1992/03~ 日本神経治療学会
5. 1999/04~ 日本神経感染症学会
全件表示(17件)