(最終更新日:2022-04-23 10:59:24)
  ニシマツ シンイチロウ   Shinichiro Nishimatsu
  西松 伸一郎
   所属   川崎医科大学  医学部 一般教養 自然科学
   職種   教授
■ 現在の専門分野
機能生物化学, 分子生物学, 発生生物学 (キーワード:機能生物化学) 
■ 著書
1. 2015/12 部分執筆  サルコペニアに対する新規治療薬の可能性を探る:マイオスタチン阻害薬「サルコペニアとフレイル」 
2. 2000/05 部分執筆  四肢の発生と再生「発生・神経研究の最前線2000:実験医学増刊」 
3. 1997/06 部分執筆  骨形成因子BMPと体軸形成「細胞増殖因子研究の最前線'97-'98:実験医学増刊」 
4. 1991/09 部分執筆  Mesoderm induction in early amphibian embryos by activin A and its related gene products in Xenopus laevis, Frontiers in Muscle Research: Myogenesis, Muscle Contraction and Muscle Dystrophy 
■ 学術雑誌
1. 2019/05 原著 Taurine supplementation for prevention of stroke-like episodes in MELAS: a multicentre, open-label, 52-week phase III trial.  Link
2. 2018/08 原著 Stem Cell-Induced Pulp Regeneration Can Be Enhanced by Administration of CCL11-Neutralizing Antibody in the Ectopic Tooth Transplantation Model in the Aged Mice.  Link
3. 2018/01 原著 DKK3 Overexpression Increases Malignant Properties of Head and Neck Squamous Cell Carcinoma Cells.  Link
4. 2017/10 原著 Cleavage of β-dystroglycan occurs in sarcoglycan-deficient skeletal muscle without MMP-2 and MMP-9. 
5. 2017/07 原著 Slow-Myofiber Commitment by Semaphorin 3A Secreted from Myogenic Stem Cells. 
全件表示(71件)
■ 学会発表
1. 2018/08/23 Establishment of a newly isolated triploid clone of Spirometra (Cestoda: Diphyllobothriidae) as a powerful tool for studying the molecular and cellular bases of sparganosis (口頭発表,一般) 
2. 2018/08/10 からだのサイズと細胞のサイズを調節するメカニズムの解明 (ポスター,一般) 
3. 2018/08/10 サルコグリカン欠損筋におけるβ-ジストログリカンプロセッシング (ポスター,一般) 
4. 2018/08/10 タウリンによるMELAS脳卒中様発作再発防止長期治験成績 (口頭発表,一般) 
5. 2018/08/10 マイオスタチンペプチド医薬によるデュシェンヌ型筋ジストロフィー治療法の基盤研究 (ポスター,一般) 
全件表示(117件)
■ 所属学会
1. 2002/04~ Society for Developmental Biology
2. 2002/04~ 日本生化学会
3. 2002/04~ 日本動物学会
4. 2002/04~ 日本発生生物学会
5. 2002/04~ 日本分子生物学会
全件表示(8件)