(最終更新日:2020-09-05 13:45:10)
  タネムラ ジュン   Tanemura Jun
  種村 純
   所属   川崎医療福祉大学  リハビリテーション学部 言語聴覚療法学科
   職種   特任教授
■ 現在の専門分野
言語聴覚障害学, 神経心理学 (キーワード:失語症、高次脳機能障害) 
■ 著書
1. 2012/12 部分執筆  失語症の音韻論的障害の検討「伝導失語、復唱障害、STM障害、音韻性錯語」 
2. 2019/12/10 全体執筆  「失語症 臨床標準テキスト」 
3. 2019/05/30 部分執筆  遂行機能検査の実際「神経心理検査ベーシック」 
4. 2019/01 編集・監修  行為と動作の障害「行為と動作の障害」 
5. 2018/12 部分執筆  失語症のリハビリテーション「春学期言語聴覚障害学演習日程の件」 
全件表示(20件)
■ 学術雑誌
1. 2016/10 症例報告 社会的行動障害を呈する2例の多面的アプローチによる支援経過 
2. 2011/06 総説 右半球症状の臨床評価、半側無視症候学の発展と関連行動障害 
3. 2012/09 総説 失語症の基礎知識 
4. 2012/01 総説 遂行機能障害のみかた 
5. 2012/09 原著 失語症言語治療に関する後方視的研究、標準失語症検査得点の改善とその要因 
全件表示(48件)
■ 学会発表
1. 2019/09/06 施設外活動により注意・遂行機能障害に関するawarenessの低下が改善した一例 (口頭発表,一般) 
2. 2019/08/18 Field survey on daily activities among aphasic persons without physical disabilities (ポスター,一般) 
3. 2019/06/28 失語症例における文字の短文理解について。標準失語症検査「17.短文の理解」による分析 (口頭発表,一般) 
4. 2019/06/16 高次脳機能障害者に対する認知リハビリテーションアプリケーションによる訓練成績の検討 (口頭発表,一般) 
5. 2018/09/13 道順障害における代償手段について (口頭発表,一般) 
全件表示(115件)
■ 所属学会
1. 1975/09~ 日本心理学会
2. 1976/02~ 日本リハビリテーション医学会
3. 1978/09~ 日本神経心理学会
4. 1998/09~ ∟ 評議員
5. 1978/11~ 日本高次脳機能障害学会
全件表示(11件)