イマムラ ヒロシ
  今村 祐志
   所属   川崎医科大学  医学部 臨床医学 検査診断学(内視鏡・超音波)
   職種   講師
言語種別 日本語
発表タイトル 造影超音波を施行した気腫性胆嚢炎の1例
会議名 日本超音波医学会第44回中国地方会学術集会 第7回中国地方会講習会
学会区分 地方会
発表形式 口頭
講演区分 一般
発表者・共同発表者◎山下都, 畠二郎, 竹之内陽子, 中武恵子, 谷口真由美, 小島健次, 高田珠子, 眞部紀明, 今村祐志, 蓮尾英明
発表年月日 2008/09/20
開催地
(都市, 国名)
倉敷
学会抄録 超音波医学 36(1),92 2009
日本超音波医学会第44回中国地方会学術集会 第7回中国地方会講習会 プログラム・抄録集 24
概要 気腫性胆嚢炎は胆嚢動脈の虚血に続くガス産生菌感染に起因する。体外式超音波ではBモード上特徴的な所見を呈するため診断は比較的可能であるが、壁の虚血の評価は必ずしも容易ではなく、造影超音波の報告例は皆無である。そこで造影超音波を施行した気腫性胆嚢炎の1例を報告する。症例は80歳代女性。主訴は右側腹部痛。超音波検査では、胆嚢腫大、壁肥厚と壁内の線状低エコー、さらに底部壁に沿って弧状の高輝度エコーを認め、体位変換後も頂部に移動することからガス像と思われた。ソナゾイドを用いた造影超音波では、壁の一部に染影の欠損を認め、急性壊疽性気腫性胆嚢炎が疑われた。緊急胆嚢摘出術が施行され、摘出された胆嚢壁は暗赤色変色していた。病理組織学的所見では、全層性に壊死や出血、粘膜固有層には好中球を主体とした炎症細胞の浸潤を認め、急性壊疽性胆嚢炎と診断された。術後の経過は良好で、16日後に退院となった。