シモヤ コウイチロウ
  下屋 浩一郎
   所属   川崎医科大学  医学部 臨床医学 産婦人科学1
   職種   教授
言語種別 日本語
発表タイトル ストレス関連遺伝子多型の表現型と適切な職場支援の関連
会議名 日本DNA多型学会第21回学術集会
学会区分 全国規模の学会
発表形式 ポスター掲示
講演区分 一般
発表者・共同発表者◎秋山祐治, 宮原勅治, 勝山博信, 山根一和, 日根野谷一, 伏見滋子, 富田正文, 奥山敏子, 渡辺洋子, 関明穂, 藤井昌史, 下屋浩一郎
発表年月日 2012/11/08
開催地
(都市, 国名)
京都
概要 女性118名(平均年齢32.9±8.9歳)を対象に、ストレス関連の指標を分析した。総合健康リスクスコアが平均より大きいグループと平均以下のグループの2群に分けて各遺伝子多型と生活習慣の関係をみると、従来と異なり5HTT1アレルを有する対象者のほうが職場ストレスの高い傾向を認めた。上司の支援を加えて検討したところ、s/s多型を有する対象者のほうが上司からの支援が高かった。適切な職場支援が得られる環境では、s/s多型をもつ対象者であっても、職場ストレスの影響が出現しにくいことが示唆された。