モリモト ヒロミチ
  森本 寛訓
   所属   川崎医療福祉大学  医療福祉学部 子ども医療福祉学科
   職種   講師
言語種別 日本語
発表タイトル 老人施設介護職員の心身疲労に関連する要因の検討(3)―Job Demand-Control Modelの観点から―
会議名 日本健康心理学会第14回大会
学会区分 全国規模の学会
発表形式 ポスター掲示
講演区分 一般
発表者・共同発表者◎森本寛訓
発表年月日 2001/11
開催地
(都市, 国名)
仙台
学会抄録 日本健康心理学会第143回大会発表論文集 342-343
概要 この研究ではKarasek(1979)が作成したJob Demands-Control Model(以下「JDCモデル」とする)を老人施設介護場面に適用し,「仕事の要求」と「仕事のコントロール」が如何に介護職員の心身疲労に影響を与えているか考察することを目的とした。結果として介護職員の心身疲労を低減するためには,仕事を行う上で,自らその仕事の目標を設定できる余裕・権利を与える(いわゆる仕事のコントロールを高める)ことが重要であると思われる。具体的には,担当する介護業務の種類または量を決めるのに,自らの意見を反映できる,または,職場の介護方針の決定に自らも参加できる,といった事柄が挙げられると考える。