ヤマダ ジュンコ
  山田 順子
   所属   川崎医療短期大学  教育部 医療介護福祉科
   職種   教授
言語種別 日本語
発表タイトル 在宅介護実習の学びが施設介護実習にどう活かされるか~学生へのアンケート及びインタビュー調査を手がかりに~
会議名 第26回日本介護福祉学会
学会区分 全国規模の学会
発表形式 口頭
講演区分 一般
発表者・共同発表者◎居村貴子, 山田順子, 河邉聡子, 三宅美智子, 熊谷佳余子, 辻真美
発表年月日 2018/09/02
開催地
(都市, 国名)
大阪府
学会抄録 第26回日本介護福祉学会大会 プログラム・発表報告要旨集 65 2018
概要 介護実習Ⅲで獲得した在宅支援の視点が、介護過程の展開実習となる介護実習Ⅳにおいて、利用者本位の介護への実現にどの程度効果を発揮しているかについて学生へのアンケート及びインタビュー調査から検証した。結果、個別性の高い生活環境を見るという介護実習Ⅲで感じ取ったアセスメントの視点が、利用者本位の介護過程展開につながることが分かった。