クロズミ ナミ
  黒住 菜美
   所属   川崎医療福祉大学  医療技術学部 臨床検査学科
   職種   講師
言語種別 日本語
発表タイトル 有機フッ素化合物とその分解産物の細胞への影響について
会議名 第46回日本水環境学会年会
学会区分 全国規模の学会
発表形式 ポスター掲示
講演区分 一般
発表者・共同発表者◎衣川菜美,高浪龍平,尾崎博明,白川 卓
発表年月日 2012/03
開催地
(都市, 国名)
東京都文京区
概要 perfluorooctanesulfonate(PFOS)は環境残留性、生体蓄積性を示す環境汚染物質である。これまで種々のPFOS分解法が検討されているが、電気分解法では短炭素化されることが知られている。本研究では、PFOS(C8)と短鎖有機フッ素化合物であるPFBS(C4)の細胞への影響の違いを細胞障害性試験やROS産生性、PPARαのリガンド活性などを指標にして評価した。その結果、短炭素化物質であるPFBSでは細胞への影響が低減することが確認された。