コウグチ ユタカ
  河口 豊
   所属   川崎医療福祉大学  医療技術学部 臨床検査学科
   職種   特任准教授
言語種別 日本語
発表タイトル 2010年岡山県14施設におけるMRSA、MDRPおよびESBLs産生菌の分離調査
会議名 第42回岡山県医学検査学会
学会区分 地方会
発表形式 口頭
講演区分 一般
発表者・共同発表者◎木村 藍子, 入江 由美, 河口 豊, 石田 香志枝, 太田 陽子, 小坂 紀子, 近藤 貴之, 氷上 沙矢佳, 谷 誠, 西村 恵子, 能勢 資子, 藤井 寛之, 堀 雅子, 村瀬 智子, 矢島 尚子, 黒川 幸徳
発表年月日 2012/03/04
開催地
(都市, 国名)
倉敷市,日本
学会抄録 岡山医学検査 49(1),56 2012
概要 2010年の岡山県内14施設におけるMRSA、MDRP、ESBLs産生菌の分離状況を報告した。MRSAの平均患者分離率は7.78%、MDRPは0.32%であった。S.aureusにおけるMRSAの分離頻度は59.68%、P.aeruginosaにおけるMDRPの分離頻度は5.99%で、MDRPのうちMBL産生菌の割合は62.6%であった。ESBLs産生菌はE.coliの分離頻度が11.7%、K.pneumoniaeが4.22%、P.mirabilisが7.11%であったが、C.koseriは21.59%と高く、高率であった3施設のうち2施設はC.koseriのみが高かった。