ヤマダ ジュンコ
  山田 順子
   所属   川崎医療短期大学  教育部 医療介護福祉科
   職種   教授
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
表題 高齢者の外出阻害要因について
掲載誌名 正式名:福山市立女子短期大学研究教育公開センター年報
掲載区分国内
巻・号・頁 (2),57-60頁
著者・共著者 津島順子,近藤桂司,横山詔常,橋本晃司
発行年月 2005/03
概要 介護が必要となる原因として、転倒・骨折が上位にあげられる。高齢期の転倒は、心理的なストレスを引き起こし、歩行に対する自信を喪失し、転倒恐怖や不安を強める。これまで、高齢者の転倒に関しては、ADL低下などに関心がもたれていたが、転倒後の心理はあまり問題とされてきていない。本研究では、高齢者が外出阻害要因のひとつとなる、転倒経験と転倒恐怖感の関係について検討した。介護が必要となる原因として、転倒・骨折が上位にあげられる。高齢期の転倒は、心理的なストレスを引き起こし、歩行に対する自信を喪失し、転倒恐怖や不安を強める。これまで、高齢者の転倒に関しては、ADL低下などに関心がもたれていたが、転倒後の心理はあまり問題とされてきていない。本研究では、高齢者が外出阻害要因のひとつとなる、転倒経験と転倒恐怖感の関係について検討した。